中国でFacebook、Twitter、LINE、Instagramを使うならば中国聯通香港の「跨境王」が王道で、True move の「ASIA SIM」が大穴だと思う。 でも、ASIA SIMは中国はTD-LTE対応スマホが必要だから注意が必要。
Home ’10秋 深圳出張 漢永酒店
« Home »
11月 21st, 2010 Comments: 0

’10秋 深圳出張 漢永酒店

Tags

深圳出張の宿泊はいつもの漢永酒店。
ここの話は過去にも何度かFC2でやってる「ちゃいなぁ~+α 」にグタグタ書いてます、、、
2008-03-302008-11-202008-12-012009-04-022009-10-042010-07-28
興味があれば過去のFC2のも見てやってください。
今回はA楼の7階の福永芸術中心側の部屋。
 
A棟は2009年に大改装をしていたので、A棟の旧館側は以前のように部屋によって床やら備品が全然違うなんてことはなく、概ねこの部屋と同じような雰囲気になっているのではないかと思う。<知らんが
その他、依然としてバスタブなしやツインの部屋もあるらしい。
オッサンのVIVA!アジア
窓のアーチが7階の部屋の証、、、。
 
このデスク脇にNet接続のアウトレットがあり、LANケーブルを接続してNetに接続すると中国電信画面が出てきてログイン操作が必要。
その他、デスクの上にADSLのモデムも置いてあり、こちらも電源を入れて(TEL線は既に接続済み)、LANケーブルを接続するとネットが使える。
なぜ2つもあるのかは謎だがどちらも無料で使える。<どちらも早くは無いが、まぁ使える、、、。
オッサンのVIVA!アジア
柔すぎず硬すぎず、結構寝心地は悪くない。
 
オッサンのVIVA!アジア
深くないバスタブ
 
オッサンのVIVA!アジア
シャワーブースは独立している
 
オッサンのVIVA!アジア
トイレにはもちろんウォシュレットなんてものは無い
壁のところにちょうどコンセントが写っているが、ホテルのコンセントの形状は3本タイプ+日本の物もそのまま差し込む事ができるタイプが組み合わせになっているので変換アダプタは特に要らない。<ただし、電圧は220V
しかし、なぜこんな所にコンセントがあるのかは不明、、、
 
オッサンのVIVA!アジア
ホテル(A棟)前の道を削って工事中
そのうち やたらキレイな道になることでしょう。
 
オッサンのVIVA!アジア
ちなみに、こっちは漢永酒店B棟
 
 
ホテル近辺にはいろいろな食事どころがあるが、中華が苦手な人にはA棟裏には日式飯屋「喜久屋」、「大和」がある。
A棟入り口の横(新館1階部分)には日式カラオケ「未来」、B棟2階にも日式カラオケ「軽井沢」、B棟入り口横に「漢永酒?」なんて物があり、飲むにも困らない。<前出の「喜久屋」「大和」も居酒屋のように使える
A棟2階、A棟裏、B棟隣の安ホテル2階等々、周りに何件ものマッサージ屋が存在しており、足マッサージなら20元~60元程度(この辺りのマッサージ屋は基本的にチップは不要)なので夜のヒマつぶしにも使える。
なお、A棟2階は昔から足マッサージ等はできたが、かつては怪しげな「サウナ」がメインのところだったが、6月の改装時に普通のマッサージ屋に変わっているので安心して行くことができる。
場所によってはいろいろ裏メニューがある事もあるので、店員やらマッサージ姐さんといろいろ話しをすると諸々の情報を得られる事もあるでしょうが、危険な事はお勧めできませんです。ドンッ 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

航空券はスカイスキャナー で探すけど、Surprice (サプライス)でクーポン適用するとそっちの方が安くなることがある。
ホテルはトリバゴ も見るけど、Expedia(エクスペディア)とかagoda を使うことが多い。 中国の時はCtripも使うこともある。