旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home シンガポール(2013/1/11 )上海経由でシンガポールへ
« Home »
1月 11th, 2013 Comments: 0

シンガポール(2013/1/11 )上海経由でシンガポールへ

Tags

中国東方航空の上海経由でシンガポールへ来た。
わざわざ上海経由なのは言うまでもなく安かったから、、、

当初予約したフライト(ANAが飛ばす共同運航便)がキャンセルされ、用意された代替え便は上海で5時間も乗り継ぎ時間ができてしまった。
フライト変更連絡の際、空港の外へ出ても良いと聞いていたので乗り継ぎカウンターへ行ってその旨を伝えると「そのまま外へ出てって良いよ。」とのことだった。

搭乗券はセントレアで「名古屋-上海」と「上海-シンガポール」の物を受け取っているので、上海では普通に中国へ入国し、上海からは航空会社のカウンターでチェックインは不要でそのまま出国審査へ向かって出国するのみ。
荷物はセントレアで預け、シンガポールで受け取りなので上海では何もしなくて良い。

とりあえず家族のリクエスト「豫園」へ行ってみた。
ちょっとした買い物もできて、食べる所ソコソコあるが、タクシーで向かうと結構な時間がかかるので、乗り換え時間が5時間といっても 豫園での滞在時間は2時間程度。

image 
10元ショップで雑貨を物色

image 
鼎泰豊で食事はできた。<南翔は待ち時間が長すぎでムリ

空港からはタクシーで向かったが、 空港への戻りはリニアに乗りたいという子供の要望もあり龍陽路までタクシー+リニアで移動。

image 
時間的なことを考えるとリニアを使って正解だったように思う。
料金的にもどちらも200元程度。<家族4人(リニアは航空券で@40元に割引)

中国東方航空に関しては客層を含めて微妙な点があるものの、LCC並みの料金で食事がついて、ビールやワインも飲めて、23キロまでの荷物を1人2つまで無料で預けられて、座席のリクエストも無料で聞いてもらえ、上海で観光もできてしまうのだからかなり良いかもしれない。<そもそも値段が違うJALなんかと比べちゃいかん。

image 
こんな機内食

21:30到着予定のMU545便は予定から45分遅れの22:15にシンガポールに到着。

image 
中国東方航空はターミナル3に到着

入国審査をして、荷物を取って、金を調達して、、とやっていると空港を出たのは23時をまわっていた。

空港からセントーサ島のフェスティブホテルまで微妙に豪華なクライスラー300で43ドルで到着した。
普通のタクシー乗り場から乗ったのだが、乗り場のオヤジが荷物を見て「あーちょっと待って、こっちに乗って」と言われた所にあった黒塗りのクライスラーの車。
他のタクシーが比較的カラフルで、広告を貼りつけていたりする中で1台だけ黒塗りで異彩を放っていたが、あれは普通のタクシーだったのだろうか、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。