中国でFacebook、Twitter、LINE、Instagramを使うならば中国聯通香港の「跨境王」が王道で、True move の「ASIA SIM」が大穴だと思う。 でも、ASIA SIMは中国はTD-LTE対応スマホが必要だから注意が必要。
Home 釜山 ’13/05 プライム観光ホテル
« Home »
5月 22nd, 2013 Comments: 0

釜山 ’13/05 プライム観光ホテル

Tags

今回の釜山での宿泊は「プライム観光ホテル」
博多港からフェリー「ニューカメリア」船 で行く安いツアーの指定ホテルだった。

Exif_JPEG_PICTURE  
釜山鎮駅の7番出口を上がり、そのまままっすぐ歩いて約5分で到着。
地下鉄1号線沿線で、西面やチャガルチ市場など釜山の観光地への移動に便利ぴかぴか (新しい)
フロントの男性、女性とも普通に日本語で話ができたのもヨシ。

Exif_JPEG_PICTURE 
ホテルの1階にはコーヒーショップがあり、結構洒落た雰囲気
、、、なのだが、行ってないので味は知らない。

Exif_JPEG_PICTURE 
豪華では無いが、ソコソコ小奇麗で、窓は大きめで明るい部屋。
窓は下側の小窓が開くので換気もそれなり。
ただ、テレビ下の引き出しに釘が打ってあって開かない等の微妙なところもある、、、。

Exif_JPEG_PICTURE 
窓からの眺め

Exif_JPEG_PICTURE 
ベッドの寝心地も悪くない。
真白なシーツカバーもOK指でOK

Exif_JPEG_PICTURE 
「荷物台に無線LANのアクセスポイントを置くってってどうなの?」という話はあるものの、室内に無線LANのアクセスポイントがあれば、当然、電波の受信状況は良好。
通信速度も安定しており、ストレスなくサクサクと動いた。

 Exif_JPEG_PICTURE 
風呂と洗面台とトイレ
釜山のホテルには無いと聞いていた歯ブラシがあった。
その代わりと言ってはなんだが、シャワーカーテンはない。

Exif_JPEG_PICTURE 
バスタブにためた湯を抜くと床を流れて奥の排水溝へ流れる構造
排水能力よりもバスタブから流れ出す湯の量の方が多いためバスルームは一面水浸し<水深10mm。
シャワーを浴びるだけなら一面水浸しにはならないかもしれないが、水は流れる。
だから、シャワーカーテンなんか要らない。
まぁ、アジアの安めの宿に泊まっている時にはシャワー+トイレ+洗面台の組み合わせは良くある話だが、たまたまバスタブがあってお湯をためたからちょっと気になってしまっただけのこと、、。

Exif_JPEG_PICTURE  
ホテル前の道路(西面方面)

Exif_JPEG_PICTURE 
ホテル前の道路(釜山駅方面)  

Exif_JPEG_PICTURE 
ホテルのすぐ前にはバス停がある。

Exif_JPEG_PICTURE 
バス停の裏面
裏表合わせると11路線あるようなので、結構便利なのかもしれない。
行き先はあまり良くわからないが、、、どんっ (衝撃)

 Exif_JPEG_PICTURE 
釜山駅側へ少し進み

Exif_JPEG_PICTURE 
警察署の手前で路地に入り、進んで行くと、、、

Exif_JPEG_PICTURE  
前にスーパーがある

Exif_JPEG_PICTURE 
以前にも書いたとおり、大通りから奥に入った道には食事をする所が多数ある。
この界隈だけでもそれなりに楽しめると思う。<私は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

航空券はスカイスキャナー で探すけど、Surprice (サプライス)でクーポン適用するとそっちの方が安くなることがある。
ホテルはトリバゴ も見るけど、Expedia(エクスペディア)とかagoda を使うことが多い。 中国の時はCtripも使うこともある。