旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home シェムリアップ ’13/07 Siem Reap Bat Hotel
« Home »
7月 17th, 2013 Comments: 0

シェムリアップ ’13/07 Siem Reap Bat Hotel

Tags

シェムリアップでの宿泊は「Siem Reap Bat Hotel」
Expedia経由で予約をし、一泊1,300円そこそこ。
この価格で空港までトゥクトゥクでお迎えに来てくれる。
20130718-153133.jpg 
3階建て(内部は4層になっている3.5階建て?)だがエレベーターはない

20130718-153404.jpg 
ちょっと元気がないシャワー
バスタブは無い

20130718-153657.jpg 
スリッパはないがビーチサンダルはある

20130718-153723.jpg 
テレビは映りが今ひとつ。
ただ、つけても何を言っているのかわからない番組だらけなので、テレビの映りはどうでも良かった。
下の台の扉の中には空の冷蔵庫アリ。
鍵についているカードを抜くと部屋の電気と共に冷蔵庫も止まる。

20130718-153748.jpg 
東芝製エアコン
温度調整もちゃんときき、これは鍵のカードを抜いても止まらない。

20130718-153923.jpg 
クローゼットの中にはワイヤーハンガーが沢山あった

20130718-153941.jpg 
ベッドは毎日キレイにしてあるが、枕に少々頭臭があったのが残念。

20130718-173021.jpg 
部屋の中でも快適にWiFiが使える
なお、シェムリアップは比較的リーズナブルなレストランなどでもWiFiが使えてGood!

20130718-182738.jpg 
洗濯物は1kgでUS$2だったりする。
ずいぶん安いが、街の洗濯屋なら1kgでUS$1でやっている。

20130718-182823.jpg 
コンセントはこの形状で、日本のプラグはそのまま入る。
ただし、電圧は220Vだから注意が必要!

20130718-172624.jpg 
ホテルの前からアンコールワット通り方向の風景

20130718-132620.jpg 
3,4軒隣のコテコテのローカル系売店と飯屋(ホテル方面に向かって写している)
ビール、コーラ等々は普通に売ってるし、ヤシの実なんかもアリ

豪華では無いが、フロントの前を通れば声をかけてくれるし、部屋の掃除はキレイにしてあるし、居心地の良いホテルだった。
アンコールワットから近いものの、繁華街からは少し距離があるのでバイタクでUS$1、トゥクトゥクでUS$2程度かかってしまうのと、出先から帰ってくる時にバイタクオヤジがホテルを知らないうえに、ホテルカードに書かれている英語の文字も読めないということもあった(が、なんとかなる)ので、その辺の事はちょっと考慮した方が良いかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。