旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home ニャチャン(2013/08/11)泥温泉
« Home »
8月 11th, 2013 Comments: 0

ニャチャン(2013/08/11)泥温泉

Tags

ニャチャンといえば泥温泉<先日テレビでやっていた

ビーチをチラ見した後、泥温泉(タップバーのマッドバス)へ向かった。
ニャチャンの街を北上し、橋を渡って左折し、さほど広くない山道をグネグネと走って到着。
Exif_JPEG_PICTURE
ホテル前に停まっていたタクシーで10万ドン

Exif_JPEG_PICTURE
ホットミネラルマッドバスのシングルを選択 <30万ドン

Exif_JPEG_PICTURE
チケットを購入して中に入るとマッドバスのオブジェなんかがある

Exif_JPEG_PICTURE
小奇麗な趣のある庭になっているが池の水が汚いふらふら
、、、泥温泉で使ったお湯が流れ込んでいるために濁っている模様

Exif_JPEG_PICTURE
右側のところでロッカーの南京錠とタオルを受け取る
水着を持っていない場合には貸してくれる
左側は着替えた後に貴重品を預けるカウンター
ここで袋に入れてテープでグルグル巻きにして預かってくれる

DSCF2065
着替えはタオルを受け取ったところのすぐわきにあるこんなところ

DSCF2063
こんなロッカー
貴重品はカウンターに預けるが、その伝票はこのロッカーに入れておく。
なんだか微妙な気がするんだけど?

まずはシャワーを浴び、泥風呂ゾーンへ進む

DSCF2007
湯船に泥水を注入中

DSCF2015
泥風呂中
20分くらいで「時間終了」と係員に言われて終了。

DSCF2022
シャワーで泥を流して、次の場所へ

DSCF2035
両方から水が出るシャワーゾーン
ここも泥を流すところ

DSCF2061
続いて、更に透明な温泉ゾーン

DSCF2039
お湯は透明だが塩分あり
ここも数分で終わりと言われて、あとは勝手にプールへ行って過ごす。

DSCF2053
プールは数か所あり、暖かい。

プールもシャワールーム(シャワーの場所という程度)のシャワーもみんな塩分を含んでいるので、終わった後は温泉に入ってお肌スベスベというか、ペットり感が残る。。。

帰りはここの施設のバスを利用。
利用者のホテルを順番に回って送ってくれた。<もちろん有料で3万ドン/人

ソコソコ面白いし、話のネタに行ってみるのは悪くないと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください