中国でFacebook、Twitter、LINE、Instagramを使うならば中国聯通香港の「跨境王」が王道で、True move の「ASIA SIM」が大穴だと思う。 でも、ASIA SIMは中国はTD-LTE対応スマホが必要だから注意が必要。
Home プエルトガレラ(2015/07/11)ボートが欠航 (*_*)
« Home »
7月 11th, 2015 Comments: 0

プエルトガレラ(2015/07/11)ボートが欠航 (*_*)

Tags

9:15のボートに乗るためにホテルを出発。
ホテルを出ると、観光の客引き兄さんが「今日はボート出ない。プライベートのボートが1,000ペソ。どう?」と、声をかけて来ました。

どうせいい加減な事を言ってボートに乗せようとしているのだろうと思い、適当にあしらいつつ港へ行くと、、、

IMG_20150711_085131
「バタンガスが荒れてるからボートは欠航。プライベートのボートは1,000ペソね。」と、チケット売り風のオヤジが当たり前のように言い放ちます。

「それみろ。1000ペソだ。へへへ。」とドヤ顔の客引き兄さん。

(-_-;) ちっ、面白くねー

、、、ということで、大きめのフェリーが出ているカラパン港へ行くことにしました。

IMG_20150711_085932s
ジプニーのお兄さんに「カラパンに行きたい」というと、「 乗れ」ということで、乗り込んで安心していると、プエルトガレラの街で「ここで終わり」と下ろされました、、、。20ペソ

トライシクルのオヤジが寄って来て「どこ行く?」と聞くので、「カラパン」というと「1000ペソ」。
ハハハ、ご冗談をと言いつつ、カラパン行きのジプニーを探しても見つかりません。

IMG_20150711_102727
プエルトガレラの街でお客さんを下ろして空になったジプニーに「カラパン行く?」と聞いたら、カラパン行きのジプニー乗り場まで乗せて行ってくれました。
街の中心からは少々離れているようですが、到着後「いくら?」と聞くと「要らん」といって受け取りませんでした。
すごく良い人でした。

IMG_20150711_102907
カラパン行きのジプニーは 良い具合に席が埋まったところで出発しました。

IMG_20150711_105649
ジプニーは基本どこでも乗り降り自由です。
良い具合に席が埋まって出発し、途中で次々と人が乗り込んで来て、満員になりました。
そんな状態で山道をグネグネと1時間以上走ればキツイキツイ。
素直に1000ペソでプライベートボートにしとけば良かったか。。。と何度思ったことか。
※ちなみに上の写真は良い具合に席が埋まった状態です。

 

IMG_20150711_112645
カラパンの街に到着。
プエルトガレラの街からカラパンまで80ペソでした。

IMG_20150711_112725
ジョリビーも発見です

IMG_20150711_113014
トライシクルで“カラパンピエール”まで移動です。
pierはピアではなくピエールと発音するのがここら辺の流儀のようです。。。
乗ったのはオートバイのトライシクルで、写真は特に意味はありません(°_°)

IMG_20150711_114246
各社のチケット売り場が並んでいます。

IMG_20150711_114301
乗ったのは12:30発のSuperCatです。
エアコン付きのエコノミーで230ペソでした。
船員さんは右の看板の服を着ていましたが、男性だったり、ちょっと太っちょの女性だったり、、、。

IMG_20150711_114425
並びにある窓口でターミナルフィーのお支払い必要です。<20ペソ

Exif_JPEG_PICTURE
流れに乗って待合所へ行き、搭乗が開始されるとカウンターで席の番号が書かれたシールを貼ってくれます。<7D

Exif_JPEG_PICTURE
こんな船です

Exif_JPEG_PICTURE
お菓子と水が配られました

Exif_JPEG_PICTURE
約1時間でバタンガス港へ到着です。

Exif_JPEG_PICTURE
確かに海は荒れてました。
プライベートのボートは一体どこへ着いたのだろう、、、。

Exif_JPEG_PICTURE
みんなと一緒にゾロゾロと歩いて行くとバス乗り場へ着きましたが、マニラ行きというのは見当たらず、、、
バスの前で、ブエンディア、ブエンディアと、滞在するホテルの最寄駅の「ブエンディア」を繰り返す兄さんの所で「マニラ?」と聞くと「YES」との事だったので乗りました。

IMG_20150711_141157
ジプニーに比べると天国のように快適な2時間弱のバスの旅でした。

IMG_20150711_141333
でも、目の前にタマゴぶらぶらされても困りますし。
バタンガス港からバタンガスの街までの間、モノ売りが激しい車内でした。

IMG_20150711_233141
夜はP.ブルゴスでゴーゴーバーホッピング

移動って結構疲れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

航空券はスカイスキャナー で探すけど、Surprice (サプライス)でクーポン適用するとそっちの方が安くなることがある。
ホテルはトリバゴ も見るけど、Expedia(エクスペディア)とかagoda を使うことが多い。 中国の時はCtripも使うこともある。