旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home 上海(2017/01/08)中国聯通でSIM購入
« Home »
1月 8th, 2017 Comments: 0

上海(2017/01/08)中国聯通でSIM購入

Tags

跨境王で携帯番号を維持し続けようと思っていたわけですが、中国聯通の番号を取りました。

・跨境王の実名登録が香港に行かないと出来ないけど、当分行かないハズ

・今のが使える間に支付宝とか各種会員登録の携帯番号を切り替えれば手続きが簡単

・中国番号付き跨境王は3G

・今年Softbankが3Gを縮小するので日本でのローミングが微妙に心配(知らんけど)

・中国聯通のプリペイド月額6元で、4Gの跨境王はHKD6で、2つ持っても3Gの跨境王加強版より安い

・中国聯通のは上海で使う場合は1元/200MBと激安<FB、LINE、Twitterは使えないけど

・跨境王加強版は台湾でも使えるけど、500MB分HKD68の値段で容量無制限の台湾SIMが買える

、、、など、諸々の状況を考えると、変えた方が良いという結論に達しました。私は。


南京東路の営業所に行きました。



SAMSUNGのスマホ屋の3階が中国聯通の営業所です。

ソファーもあり、ラウンジみたいな綺麗で静かな感じです、、、写真はありません。

新しい番号作りたい、日本でも使いたい、プリペイドが良いという事を伝えたところ、月額6元(正確には1日0.2元)のモノを出してくれました。
ただし、ローミングをするには300元のデポジットが必要でした。。。

SIM代が50元、100元分のチャージ、ローミングのデポジット300元で、合計450元の支払いでした。<最初に説明してくれます
とにかく、言われた通りに、パスポートを出して、写真を撮って、サインして、金を払って等々の手続きで特に問題なく出来上がりました。

百度地図とか速いです。快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください