旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home ハルビン(2016/01/14)ハルビンに来た
« Home »
1月 14th, 2017 Comments: 0

ハルビン(2016/01/14)ハルビンに来た

春秋航空でハルビンに来ました。

名古屋8:00発なので頑張って6時前に空港に到着しましたが、2時間前にぼちぼちチェックインが始まって、隣の寧波行きのチェックインが落ち着いたら本腰を入れた感じです。

寧波行きで使っていたカウンターも使えるようになったという話ですが。



1時間くらい並びました、、、6時半に来ても手続きが終わる時間は変わらないような。


春秋航空(名古屋は春秋航空日本ではなく、中国の本体です)はリクライニングありません・・・前の席にフルリクライニングされて、ウヘッ(>_<)と思うことが無くてヨシ。

機内でモノを紹介して販売するのと、体操があるのがちょっと珍しい程度で、その他は普通です。

「スマホは機内モードでも使えず、iPadだったらOK」というのは中国の航空会社はどこも同じ。

「なんで?」と言っている人もいたようですし、私も最初は「なんで?」と思ったけど、iPadはコンピュータ、スマホは電話で、とにかく中国はそういう決まりなのでしょうがない模様。


到着。マイナス16℃とか言っていました。

あまり広くなく、混雑しているわけでもないので、結構すぐに出られます。



出口を出て右側の方に行くと出発の入口、、、ここを入るとATMあります

到着の方は両替はあった気がするけど、ATMは無かったような。


出口の目の前に「国際線←→国内線無料のシャトルバス乗り場」があります。

街へ行くバスは国内線側から出るので、これに乗って移動します。


運転手を入れて座席が15あるマイクロバスです

入口に群がる人に負けずに乗り込む必要アリですが、国内線側には数分で到着します。

、、、ここからは、寒いし微妙に戦いながら進んだので写真無し。

街に行くバスのチケットは国内線到着側の入口(出口)を入ってたところにあるカウンターで購入します。<中央大街まで20元

※百度の地図では中央大街近辺のホテルへは機場3線がベスト

ところが、3線乗り場へ行くと「どこへ行く?」と聞かれ、「中央大街」というと「あっち行け」。

その「あっち(隣)」にある「火車站(駅のこと)」行きに行くと、「どこ行く?」と聞かれ、「中央大街」と答えると、「3線に行け」と……。

「どうなってんだ??」と思っていたら、ちょうど中央大街へ行く中国人登場で、「あっち」のあっちは火車站行きのずっと先に停車しているバスということが判明しました。<特に乗り場でも無いところ

1時間くらいバスに乗って中央大街に到着しました。
国内線行きバスの待ち時間、乗る時の競争、街に行くバスがよくわからん、バスが満席になるまで出発しない、街に着いてからホテルを探す手間、そういうのをマイナス16℃のクソ寒いところでやったので、正直「タクシーで行けば良かったな」とちょっと後悔しました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください