旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home 中国(2017/8/19)タイtrue move のASIA SIMを中国で使った話
« Home »
8月 19th, 2017 Comments: 0

中国(2017/8/19)タイtrue move のASIA SIMを中国で使った話

今回は、北京、上海、マカオ、珠海でタイ True Move の ASIA SIM を試してみました。

Amazonで1,400円で購入(タイでは399バーツらしい)
データ通信専用で、有効期間8日間(192時間)、4GBまで高速通信が可能です。

中国でもFacebook、LINE、Twitter、Instagram が使えます。

 

【良いところ(概ね中国聯通香港の跨境王4Gと比べて)】

●データを沢山使う場合は随分お得

●4Gで通信できている時にはサクサク動く

●日本も基本のローミング対処地域のため、別料金無しで日本で設定と動作確認して行ける

●マカオも対象<対象地域広い

●別途データパックの申し込みが要らない(申し込み後の再起動を忘れてデータパックが適用されていないとか、容量オーバーで従量課金されてる心配なし)

 

【微妙なところ】

●中国国内でのローミング先が中国移動の為、TD-LTEが使える端末でないと使えない(比較的新しいiPhoneを使っている人以外は注意が必要)

●北京、上海、珠海、マカオ共に街の中でも4G等の表示が消えてデータ通信が出来なかったり、E表示で遅くなることが度々ある

*上海では子供が使っていた聯通香港の跨境王はずっと繋がっている場合でも

*私が使っている端末は小米の紅米4x( 移動のTD-LTEやTD-SCDMAにも対応しているハズ)

*データ通信をもう一方(私は中国聯通とSIM2枚差し)に切り替えたあと、元に戻して電波を掴み直すとまた4G戻ることが多かった。

*9/17追記 スマホのSIM2枚差しで通話とデータ通信をバラバラにしていると発生する模様、、、一致させたときには発生しないけど、このSIMはデータ専用

●デフォルトでは検索時にブラウザの表示やら検索結果がちょこちょこタイ語になって意味不明

 

【感想】

何よりも容量を気にせず使えるのが良い。
たまに使えないけど、普通に使える。
ただ、支付宝や微信支付、Mobikeやofo等、生活に密着したモノを使用する場合にはこのSIM1枚ではちょっと辛いかも。<通信できずにデータ通信を聯通側に切り替えて操作することが数度。
*9/17追記 通信が途切れるのはSIM2枚差しによるスマホ側の問題っぽいです

1週間くらいの滞在や大陸以外にも寄る場合、家族が一緒に行く(データをたくさん使う)場合には今後も使うと思います。



 

【忘備録】

*900# で使用したデータ量が表示される

日付と時間はタイ時間


この場合、8月19日の10:54(タイ時間)まで使える

4GBのうち1.83GB使用したということ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。