旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

CZ379は広州でラウンジが使えない(2017/11/26)

広州発-上海経由-名古屋行きの中国南方航空379便で帰りました。



広州空港の国際線出発口へ行くと多くの女性がお出迎え、、、
王嘉乐って人を待ち構えているようです。

荷物検査等々で並んでいるうちに、ザワザワと騒がしくなり、保安検査のオネエさんまでソワソワし始めたと思ったら、ビジネスクラス以上の優先レーンからその王嘉尔が登場。

いわゆる「イケメン」が3人いるので私にはどれが本人かわからず、近くのオネエさんに「どれ?」って教えて貰いました。



この王嘉尔御一行様、イミグレ行列で私のすぐ前でした。

、、、で、イミグレのカウンターでパスポートを出すと、「A10乗り場は向こう。ここでは出国しないよ。」って言われました。<王嘉尔御一行様に気を取られて一緒について行った(笑)



A10(~A12)乗り場は国際線でもなく普通の国内線でもないようで店屋がありません。



飲み物とお菓子の自販機とタバコ屋(免税とかじゃない街角のタバコ屋的なヤツ)はありました。

当然、PriorityPassが使えるラウンジなんかありません。

こりゃマイッタなと、保安検査場へ戻って「外出れる?」と聞くと、「勝手に出て良いよ」と自由に出られました、、、が、戻って来た時には保安検査場で前に入った際の確認印を指差して「何で外に出たんだ?荷物預けに行ったのか?」と結構疑っているぞ感を醸し出したキツい言い方で質問されました。<「買い物ですわ。A10って何にも無いじゃん。」と答えたら、「あぁ・・・」で終わりでしたが。

また、広州空港でPriorityPassが使えるラウンジは制限区域内にしか無いようで、結局CZ379を使うとPriorityPassは使うことができないようです。



A10乗り場に戻って来たら菓子と飲み物を配っていました



菓子もう1つ持って行きなよと大サービスでしたが、スプライトは常温です(笑)



上海到着後、飛行機から降りると名古屋行きの人は「ここで待って」と集められ、オネエさんの後に着いてイミグレの所まで行き「ここに並んで。あとは自分で手続きしてね、バイバイ」と言われます。
イミグレの所から先は普通に上海から乗ったのと変わりません。

イミグレと保安検査を抜けて、ざっくり1時間余裕があり、PriorityPassで一杯やれました。


浦東空港で上海蟹を高い値段で売っていましたが、これ日本に持ち込めないんですよね。。。

成都地下鉄の始発(2017/11/25)

8:35のCZ3378便 広州行きに乗るため、6時に地下鉄1号線の「騾馬市」駅に行くと入口が閉まっていました。

案内板では3号線は動き始めている模様。

タクシーを拾って3号線の「省体育館」駅へ向かいました。

絶妙のタイミングで入口がオープン



この駅の太平園方面の始発は、、、6:55

まだ30分ある。😱

結局またタクシーを拾って空港まで行きました。



6:50に空港に到着。

タクシー代は2回分合計で70元ソコソコ

入場の安全検査で若干時間を費やしてちょうど良い時間でした。

しかし、6時頃に地下鉄が動いていないのはまったくの予想外で少し焦りました。。。

到着時に乗車ガイド貰っていたんですけど、路線図しか見ていませんでした。



成都パンダ基地(2017/11/24)

パンダ基地(熊猫基地)に行ってきました。

数ヶ月前に開通した地下鉄で行けばとても簡単に行けます。


地下鉄3号線の「熊猫大道(Panda Avenue)」が最寄りの駅です





 駅の案内板もパンダのイラスト入りですぐにわかります



A出口を出るとパンダ基地行きのバスの係員が沢山いて声をかけてきます



こんなバスでしたし、、、

乗り込んで席に座っているとチケットを売りに来ます。

大人は55元、学生29元でパンダ基地の入場料込みです。



数分で到着



とてつもなく広いです

、、、が、電動カートが回っているので見たいところで乗り降り出来ます。

あとは、イヤというほどパンダ見放題です(笑)🐼

















広大な敷地に沢山のパンダがいますが、小さな可愛いのを先に見るとデカいパンダは、、、🐼



レッサーパンダもいますよ



帰りは観光スポット行きのバスも出ています。

成都の地下鉄(2017/11/23)

CZ380(名古屋-上海)〜CZ3359(上海-成都)と乗り継いで成都に到着しました。


今年の9月に空港まで開通した地下鉄で街に向かいます!



切符は画面に表示されている路線図から駅をタッチするだけで簡単に買えます。

、、、が、何度か乗るのでICカードを買うことにしました。

窓口で「交通カードあります?」と聞くと、若いお兄さんが「この窓口では売っていないので向こうの販売機で購入してください。」と満面の笑みと共に教えてくれました。☺️☺️☺️ 


成都の交通カードは「天府通」というらしいです。


普通のカードは50元で、20元分の残高がありました。

キーホルダー型やキャラクター柄のモノもありますが、若干高いです。


ホームも電車もピカピカです


夜の8時半くらいですが乗客は少なめでした


街の中心に行くには太平園で3号線に乗り換えです

今日の宿泊地「骡马市」までは、更に「省体育馆」で1号線に乗り換えが必要でした。

駅の混雑(2017/11/5)

広州に行ってきました。



17時を少し過ぎた頃の中泰国際広場(目の前が広州東駅)

電車の時間は18時5分。

軽く晩飯を食べてから帰ろうと思いながら駅の方へ歩いていくと、駅の入口に行列ができていました。



何かあるかもしれないので早めに駅に入ろうとするも、3ヶ所の安全検査に群がっているのでなかなか進まず、、、。



安全検査を抜けても人がいっぱい



何かのトラブルかと思っていましたが、この時間帯は10分程度間隔で深セン行きが出ており、単純に人が多いだけだったようです。

駅に入る行列に並んで待合室に入るまで約35分



改札が開くのを待つ人々
、、、中国の高鉄等は電車毎に改札があり、発車数分前に改札が開きます



電車まで行列で進みます

結局、電車も満席でした。

夕方は人が多いので早めに動かないとヤバイようです。。。たぶん。

Loading... 次ページへ »