旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です
Home CZ379は広州でラウンジが使えない(2017/11/26)
« Home »
11月 26th, 2017 Comments: 0

CZ379は広州でラウンジが使えない(2017/11/26)

広州発-上海経由-名古屋行きの中国南方航空379便で帰りました。



広州空港の国際線出発口へ行くと多くの女性がお出迎え、、、
王嘉乐って人を待ち構えているようです。

荷物検査等々で並んでいるうちに、ザワザワと騒がしくなり、保安検査のオネエさんまでソワソワし始めたと思ったら、ビジネスクラス以上の優先レーンからその王嘉尔が登場。

いわゆる「イケメン」が3人いるので私にはどれが本人かわからず、近くのオネエさんに「どれ?」って教えて貰いました。



この王嘉尔御一行様、イミグレ行列で私のすぐ前でした。

、、、で、イミグレのカウンターでパスポートを出すと、「A10乗り場は向こう。ここでは出国しないよ。」って言われました。<王嘉尔御一行様に気を取られて一緒について行った(笑)



A10(~A12)乗り場は国際線でもなく普通の国内線でもないようで店屋がありません。



飲み物とお菓子の自販機とタバコ屋(免税とかじゃない街角のタバコ屋的なヤツ)はありました。

当然、PriorityPassが使えるラウンジなんかありません。

こりゃマイッタなと、保安検査場へ戻って「外出れる?」と聞くと、「勝手に出て良いよ」と自由に出られました、、、が、戻って来た時には保安検査場で前に入った際の確認印を指差して「何で外に出たんだ?荷物預けに行ったのか?」と結構疑っているぞ感を醸し出したキツい言い方で質問されました。<「買い物ですわ。A10って何にも無いじゃん。」と答えたら、「あぁ・・・」で終わりでしたが。

また、広州空港でPriorityPassが使えるラウンジは制限区域内にしか無いようで、結局CZ379を使うとPriorityPassは使うことができないようです。



A10乗り場に戻って来たら菓子と飲み物を配っていました



菓子もう1つ持って行きなよと大サービスでしたが、スプライトは常温です(笑)



上海到着後、飛行機から降りると名古屋行きの人は「ここで待って」と集められ、オネエさんの後に着いてイミグレの所まで行き「ここに並んで。あとは自分で手続きしてね、バイバイ」と言われます。
イミグレの所から先は普通に上海から乗ったのと変わりません。

イミグレと保安検査を抜けて、ざっくり1時間余裕があり、PriorityPassで一杯やれました。


浦東空港で上海蟹を高い値段で売っていましたが、これ日本に持ち込めないんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください