中国でFacebook、Twitter、LINE、Instagramを使うならば中国聯通香港の「跨境王」が王道で、True move の「ASIA SIM」が大穴だと思う。 でも、ASIA SIMは中国はTD-LTE対応スマホが必要だから注意が必要。

深センから重慶へ(2018/04/21)



朝4時半に宿泊していた漢庭深圳宝安機場航站楼酒店を出発 <無料送迎です


深圳空港ターミナル3

ショボくて田舎の空港感が漂うこれまでのA/B楼とは全く異なり、大都会「深圳」らしい近代的な空港



有名ブランド店がいっぱい



春秋航空 9C8613 6:30発 重慶行き



席は真ん中・・・寝ていました。



8時30分頃、重慶に到着

外に出たら「解放碑行き」のバスがいたので乗車しました。



9時半過ぎに解放碑のバス停に到着。
解放碑は歩いて数分。



解放碑周りはグランドショップが並ぶ結構な都会でした。。。

 

 



宿泊は解放碑から徒歩数分の「7Days Inn Chongqing Jiefangbei Food Street Branch」
Agodaで予約して諸々込みでトータル3,583円



部屋からの眺めはこんなでした。。。

 

深セン地下鉄にビジネスクラス(2018/04/20)

名古屋~-香港~福田イミグレを通って深セン空港に来ています。

福田のイミグレを抜け「福田口岸」駅から地下鉄4号線に乗車し、「市民中心」で2号線に乗り換え、さらに「福田」で地下鉄11号線で「機場」までのルートです。

1時間15分くらいです。

地下鉄11号線はビジネスクラスの車両があります。
福田口岸~機場までは普通料金で8元、ビジネスクラスを使うと22元です。

ビジネスクラスは普通料金の3倍で、福田から機場までが7元のため、この区間の料金7元×3倍+1元(福田口岸~福田分)で22元です。



ビジネスクラスの乗り場は柵で囲ってあります。
入口のカードリーダーで深圳通を読ませると勝手に計算されて引かれます。

柵の向こうは一般車両<混んでます



こっちは空いてます。。。



天井は青空ですし。。。



福田から機場までは約40分
椅子もクッションがありますし、空いていますし、これで+250円ならば納得です。
全部で350円くらいなので、日本の感覚だとビジネスクラスでも安いような気がしますし・・・。

 

航空券はスカイスキャナー で探すけど、Surprice (サプライス)でクーポン適用するとそっちの方が安くなることがある。
ホテルはトリバゴ も見るけど、Expedia(エクスペディア)とかagoda を使うことが多い。 中国の時はCtripも使うこともある。