旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

シェムリアップ ’13/07 Siem Reap Bat Hotel

シェムリアップでの宿泊は「Siem Reap Bat Hotel」
Expedia経由で予約をし、一泊1,300円そこそこ。
この価格で空港までトゥクトゥクでお迎えに来てくれる。
20130718-153133.jpg 
3階建て(内部は4層になっている3.5階建て?)だがエレベーターはない

20130718-153404.jpg 
ちょっと元気がないシャワー
バスタブは無い

20130718-153657.jpg 
スリッパはないがビーチサンダルはある

20130718-153723.jpg 
テレビは映りが今ひとつ。
ただ、つけても何を言っているのかわからない番組だらけなので、テレビの映りはどうでも良かった。
下の台の扉の中には空の冷蔵庫アリ。
鍵についているカードを抜くと部屋の電気と共に冷蔵庫も止まる。

20130718-153748.jpg 
東芝製エアコン
温度調整もちゃんときき、これは鍵のカードを抜いても止まらない。

20130718-153923.jpg 
クローゼットの中にはワイヤーハンガーが沢山あった

20130718-153941.jpg 
ベッドは毎日キレイにしてあるが、枕に少々頭臭があったのが残念。

20130718-173021.jpg 
部屋の中でも快適にWiFiが使える
なお、シェムリアップは比較的リーズナブルなレストランなどでもWiFiが使えてGood!

20130718-182738.jpg 
洗濯物は1kgでUS$2だったりする。
ずいぶん安いが、街の洗濯屋なら1kgでUS$1でやっている。

20130718-182823.jpg 
コンセントはこの形状で、日本のプラグはそのまま入る。
ただし、電圧は220Vだから注意が必要!

20130718-172624.jpg 
ホテルの前からアンコールワット通り方向の風景

20130718-132620.jpg 
3,4軒隣のコテコテのローカル系売店と飯屋(ホテル方面に向かって写している)
ビール、コーラ等々は普通に売ってるし、ヤシの実なんかもアリ

豪華では無いが、フロントの前を通れば声をかけてくれるし、部屋の掃除はキレイにしてあるし、居心地の良いホテルだった。
アンコールワットから近いものの、繁華街からは少し距離があるのでバイタクでUS$1、トゥクトゥクでUS$2程度かかってしまうのと、出先から帰ってくる時にバイタクオヤジがホテルを知らないうえに、ホテルカードに書かれている英語の文字も読めないということもあった(が、なんとかなる)ので、その辺の事はちょっと考慮した方が良いかも。

 

シェムリアップ(2013/07/16)夜中のフライト

20130718-151745.jpg
22:50のフライトに向け、20:00にホテルをチェックアウト。
雨が降る中、帰りもホテルのトゥクトゥクで空港へ向かった。
約20分で到着。

20130718-152053.jpg
チェックインはきっかり2時間前に開始で、それまではただ待つのみ。
キレイな空港だが、軽食屋があるくらいで特に何という物は無い。
ここでは上海までの搭乗券のみを発券。<中国東方航空 上海乗り継ぎ名古屋行き
要するに上海で中国入国、預け荷物のピックアップ、名古屋行きチェックイン&荷物預け、中国出国をやらなければならないことが決定。がく〜 (落胆した顔)  

20130718-151831.jpg 
中国人に負けじと早めにチェックイン&出国審査を抜けたものの、ここのラウンジはPriority Passも使えず。

20130718-151857.jpg 
お土産物屋、高級目のアクセサリ屋、カバン屋、本屋などはある

20130718-151919.jpg 
ちょっと一杯飲むことも可能

20130718-151953.jpg 
軽食を取れるところと隣にはマッサージ屋

20130718-152010.jpg 
マッサージ屋はカンボジア価格から考えると高いが、日本でやるよりははるかに安い。
最後にここで疲れをとって行くのもアリかも

20130718-152405.jpg 
出発は遅れ気味。。。
22:50発のハズが、22:50頃になって搭乗開始した。

20130718-152323.jpg 
MU514の機内食
フリーズドライアップル、オレオのウエハース、パン、パウンドケーキ、くるみ、オニオンクッキーの他
航空萝卜(航空大根)という名のたくあん

うとうとしている間に上海に到着。
出発は少々遅れたものの、到着は定刻の午前4時(時差1時間で約4時間で到着)
入国手続きをして荷物をピックアップ後、3階の出発フロアへ向かった
20130718-152450.jpg 
真っ暗
当然カウンターはやっていない。

20130718-152533.jpg 
とりあえずベンチで寝ている人はいるものの、エアコンもきいておらずムシムシ暑いあせあせ (飛び散る汗)
さらにここのベンチは一人分のスペース毎にひじ掛けがあるので横になって寝るには少々ツライ。
街に出ようかなぁと一瞬考えたが地下鉄が動いていないのでヤメた。
タクシーはいたようだけど、わざわざそこまでして街に出ても行くところ無いし、、、。

1373921404583 
、、、ということで、1階に戻って寝た。
1階はエアコンがあるし、ベンチにひじ掛けが無いので横になって寝られる。
ただ、混雑しており、残り少ないスペースをギリギリでゲットできた。<3階に行く前はガラガラだった

6時半ごろにムクムクと起きあがり、チェックイン&荷物を預け、中国を出国。

20130718-152753.jpg 
ラウンジで軽く食事と水分補給

9:15に定刻で上海を出発

20130718-152815.jpg 
MU529の食事

これまたウトウトしている間にセントレアに到着。

おしまい

 

シェムリアップ(2013/07/15)街をぶらぶら

今日は街をぶらついた。

出掛けに昨日自転車を借りたオバちゃんに「どこへ行くの?」と声をかけられ、「Old Marketへ行くつもり。」と答えると、「じゃ、ホテルのトゥクトゥクに乗って行きな。タダだから。」と呼んでくれた。<密かに「良いホテルだ」と言いたい。

20130718-144924.jpg 
ホテルのトゥクトゥク
これ、空港送迎の他、1日貸切(US$13:遠くはダメのもよう)にも使用 

20130718-143736.jpg 
 街に用事があるホテルのオネエサンも同乗

20130718-143903.jpg 
Old Market に到着
観光客向けのお土産物屋が軒を連ねる

、、、と、思いきや、奥に進んで行くとそれだけではなかった。

20130718-144341.jpg 
何が伸びてるんだろうなぁと思ったら、鶏の脚 ひよこ 
肉を食べるというのは生き物を食べているという事を感じさせてくれる。

20130718-144429.jpg 
肉、野菜、魚、香辛料等々の食料品をはじめ、雑貨やお土産物の他、宝石類まで売っている。
概ね売っているモノの種類ごとに分かれているが、野菜の隣で肉を売って、周りには靴やカバンを売っているというところもある。

SiemReap_D40_20130715_111638  
マーケットの外側に面しているレストラン街で少し遅めの朝食

20130718-144718.jpg 
蟹の胡椒炒め
蟹は小さかったけど、生胡椒のピリッとした刺激がビールとよく合う!
、、、と朝からビールを飲んでみた。<だって1杯0.5ドルだから。

マーケット周辺をひといき歩きまわってお土産類を購入して一旦ホテルへ退却。

荷物を置いてすぐに出発。
ただ、シェムリアップは遺跡見学以外の見どころは結構少ないのかも、、、。
さぁ、どこへ行こうか? と迷っているところにバイタクのオヤジが登場。
「どこ行く?Old Market?Lucky Mall?」

ん?Lucky Mallってどこだ?ってことで、オヤジのバイクで行ってみた。<US$1
20130718-144958.jpg  
Lucky Mall 
ホテルに戻る時に通り過ぎたSivatha通りにあった小奇麗なデパートだった。
Old Marketから1キロも離れていないと思う。
1階はキレイなスーパーがあり、2階にハンバーガー屋、3階に日式鍋屋もアリ。
スーパーにはお土産物屋で頑張って値切ったくらいの価格で同じ物が売られていたどんっ (衝撃)  
観光客向けのマーケットは結構ふっかけているという事ですなぁ。。。
こういう店で値段を把握した上で、観光客向けマーケットで買い物を楽しむのもヨシ。

周辺も歩きまわってみた。

20130718-150225.jpg  
アンコール マーケット
こちらもスーパーマーケット。
上のLucky Mallに比べると小ぶりだけど、旅行者に必要な物はこちらの方が充実しているかも、、、という印象。
値段も若干安いように見えた。<ガムとかラーメンとかしか見ていないけど

この界隈を歩いてみた

20130718-150706.jpg 
Sivatha通りの西側に2本くらい入った道

 20130718-150258.jpg 
なんだか良い感じの小ぶりなホテルが何軒もアリ

20130718-150733.jpg  
レンタルサイクル屋 兼 洗濯屋(洗濯物受付)もある
この界隈に滞在した方がいろいろな面で便利かもしれない。

20130718-150846.jpg  
床屋(髪を切るヤツね)があったので行ってみた。
カット&シャンプーでUS$4

ホテル方向に向かって北上
20130718-151059.jpg 
国道6号線

20130718-151036.jpg  
SOKHA ANGKORホテル <国道6号線沿いには大きなリゾートホテルがある
こういうところでノンビリと滞在するという楽しみ方もあるんでしょうなぁ、、、。

旅も終りに近づき、最後の食事は「るるぶ」先生に載っていたカンボジア式焼肉の店に行ってみた。
20130718-151116.jpg
  
KHMER BBQ SUKI
場所はどう見てもここしかないのだが、名前は違う(本ではBBQ Ski & Sea Food)

 20130718-151153.jpg  
なかなか雰囲気の良い店内

20130718-151212.jpg  
午後4時過ぎという中途半端な時間で客は私だけ、、、

20130718-151238.jpg 
豚、鶏、牛、エビの他、ワニ肉もある 

20130718-151307.jpg 
真ん中が盛り上がった鍋で周りにスープを入れる 焼肉&鍋が一緒になったようなモノ
コレ、パブストリートで食べた店のテーブルにあった鍋だ。。。
美味かったけど、気温30℃を超える中でこれは暑かったあせあせ (飛び散る汗)
ちなみに、ここはカンボジア式焼肉 9.25ドル、Tigerビール3ドルとなかなかのお値段
日が落ちて少し涼しくなってから、パブストリートで0.5ドル/杯ビールをガンガン飲みながら食べたい一品だったな。

 

シェムリアップ(2013/7/14 )パブストリートへGo

観光から戻ってしばらく休憩した後、パブストリートへ

ホテル近くに停まっていたトゥクトゥクに値段を聞くと「3ドル」と言うので、とりあえずオイオイ高いなというそぶりで「2ドル」と言えばあっさりとOK。

20130721-130101.jpg 
「るるぶ ホーチミン」の別冊付録には北部のホテルからオールドマーケット(≒パブストリート)まで2~3ドルとなっていたが、雰囲気的には2ドルでも十分高いんじゃないのかという感じ。
ただ、高級ホテルから出てくるともっと高いかもしれないけど。。。

20130718-132829.jpg 
宿泊している「Siem Reap Bat Hotel」からパブストリートは2キロちょっとくらい。
歩くとボチボチあるが、トゥクトゥクに乗ってしまえば10分もかからずに到着。 

20130718-132956.jpg 
トゥクトゥクを降りると目の前に街角ドクターフィッシュ
ビールかコーラ付きでUS$3 
この界隈には同じような店が沢山あった

20130718-133104.jpg 
外人さんがいっぱいでイメージしていた「カンボジア像」とはかけ離れたシャレた雰囲気

20130718-134502.jpg 
周辺を散策後、カンボジア料理を掲げていた「Easy Speaking Restaurant」 に入ってみた
メニューには無いがDraft Beer (メーカーは不明)はUS$0.5で飲める <近所の店も結構そんな感じ

20130718-134714.jpg 
店員さんにお勧めのカンボジア料理を尋ねて出てきたのがコレ
、、、カレーだった。(タイカレーの辛さ控えめという感じ) 

20130718-134836.jpg 
食事が終わった頃にはあたりも暗くなり、さらにシャレた雰囲気になった。
ご機嫌な外人も盛り上がり中グッド (上向き矢印)

20130718-134901.jpg 
街角足マッサージ屋

20130718-135003.jpg 
15分あたりUS$1
昼間に頑張って自転車で走り回ったので、軽く30分ばかりやってみた。
Body oil MassageはUS$7だが、ホテルの部屋に来てやってくれるとのことなので断念。

この後、ナイトマーケットの方に行き、1時間US$4の全身マッサージ屋を数軒発見。
「これはやるしかない!」と思っていた絶妙のタイミングで、呼び込みのオバちゃんが来たのでこのオバちゃんのところでやることにした。
ナイトマーケットへ入って行く通りの店で口側は足マッサージ屋で奥にエアコン付きの部屋になっているようなところ。
、、、が、2人でやってUS$8にしないかだの、なんだかんだと少々邪魔くっさい。<した
さらに、「チップをくれ」というので「まぁ、この辺は外人さん多いし、そりゃそーだ。」と思って、US$2/1人をあげるが、「少ない。US$5ずつくれ。」だのと言い出したので、「料金以上のチップを払わないといけないなんてありえないだろ。むかっ (怒り) 」と、イラッとしたという話。<US$2のみでそれ以上あげてない

 その後、マーケットをチラ見してホテルに戻った。

 

シェムリアップ(2013/7/14 )遺跡巡り

2時間の時差の為か、5時過ぎ(日本時間7時過ぎ)に目が覚めた。
しばらくゴロゴロしていたが、アンコールワット等のチケット売り場が5時から開いていると思うとなんだかもったいなく思い、身支度を整え部屋を出た。
、、、が、フロントへ行くと、自転車は7時にならないと担当の人が来ずに借りられず。泣き顔
昨夜、7時半と言ってあったのでしょうがない。

アンコールワット通りに出て食事ができるところを探すことにした。
20130718-082602.jpg
アンコールワット方面に進んで行ったが食事ができるような店は見当たらず

20130718-095303.jpg 
引き返して今度は反対側へ進むとハングル表示のあるレストラン発見。
韓国料理ではなさそうだが、カンボジアに来ていきなりハングル文字の店には入りたくない、、、。
この街、ハングル表記の看板が結構多い。

20130718-095910.jpg 
続いて日本語の看板のある店も発見
もう少しローカルっぽい店が良かったのでパス。

20130718-095334.jpg 
良い感じの店を発見! 「PHO YONG 」
カンボジアではなくベトナム料理屋なんだけど

20130718-095355.jpg 
半分屋内、半分屋外ののんびりした感じの店

20130718-095846.jpg 
鶏粥
なかなかいけるが、香菜(パクチー)が臭ぇぇ

20130718-123900.jpg 
国立博物館の前の交差点近くまで来ていた、、、

ホテルに戻り、自転車で遺跡巡り開始。

20130718-123928.jpg 
昨夜ホテルで見た時には良いマウンテンバイクに見えたのだが
ペダルが半分ないし、漕ぐとギチギチガタンと音がする
レンタル料は5ドル

20130719-175500.jpg 
アンコールワット通りを北上し、途中のチケット売り場でUS$20の1日券を購入
1日券、3日券、7日券と売り場が別れている。

20130718-124156.jpg 
さらに北上するとアンコールワットの堀に突き当たるのでここを左折

20130718-124305.jpg 
堀沿いに進んで行くと、、、見えてきた!

堀を渡る西参道の向かい側で子供やオバサンがこっちこっちと激しく呼び込む。
、、、で、自転車を停めるなら水を買ってくれと。
冷たい500mlのペットボトルが1ドル。
多少(かなり)高いが、手持ちの水が少なかったし、どこに停めて良いのかよくわからなかったので購入して停めた。
停めてる横に外人がやって来て、水買えというのを完全無視で自転車を停めて去って行ったたらーっ (汗)

20130718-124626.jpg 
西参道

20130718-124745.jpg 
第三回廊

20130718-124900.jpg 
第三回廊内部
アンコール・ワットは建物・レリーフ等々とにかく圧巻で、少々時間をかけ過ぎてしまった。
でも、写真で見るとどこも似たような物なので割愛

続いてアンコール・トムへ

20130718-125212.jpg 
南大門
その名のとおり、アンコール・トムの南門

さらに道をずっとまっすぐ進むとバイヨンが現れる
20130718-125330.jpg
 
バイヨン

20130718-125907.jpg 
この界隈は象に乗りながら観光することが可能

裏手に回り込んで自転車を停め暫し探索
20130718-125932.jpg 
バイヨンも超人気で中国人や韓国人団体客も多し。。。
大人数で大声でしゃべりながらゾロゾロやってきて、良いスポットに長居するのがかなわん考えてる顔
あっ、日本人も似たようなモノか、、、ハハハ

20130718-130149.jpg 
個人的にはアンコールワットとこのバイヨンが遺跡見学の中での一番の見どころだった
素晴らしい物が続き過ぎて、バイヨンをひととおり見終わった頃には既におなかはいっぱい。

そうは言いつつも観光は続く
20130718-130253.jpg 
アンコール・トムの残りの遺跡もザザッと見学

タ・プロームへ向かう

20130718-130818.jpg 
自転車を西門脇に停めて観光開始

20130718-130651.jpg 
このタ・プロ―ムは大乗仏教の僧院らしい

20130718-130750.jpg 
ここも立派なレリーフが沢山

20130718-131236.jpg 
崩れ落ちないようにそこらじゅうで補強してある

20130718-131317.jpg 
建物と木が一体化している

20130718-130720.jpg 
こちらも建物と木がピッタリくっついている
ここで折り返して戻った

20130718-130947.jpg 
自転車置き場でメニューを持って待ちかまえていた店のネーさんに捕まり立ち寄り中。
椅子に座っていると子供の物売りの売り込みが激しい。
左側にいる子からマグネットと腕輪を購入。。。
こんなに小さな子でもとりあえず日本語で売り込み可能

20130718-145509.jpg 
コーラUS$1、チキン&ポテトUS$3.5
どこで作って来たのか知らないが、かなり長い時間待って登場。

20130718-131416.jpg 
ホテルへ戻るところ
天気予報では15時過ぎに降水確率が50%となっており、既に15時。
この後、黒い雲が出てきて一瞬パラパラと雨が降って来たので一生懸命漕いでいたが、GIANTのMTBに乗った外人二人組にあっさり抜かれた。
あー、GIANTの良いマウンテンバイクが良かったなぁ、、、。
で、頑張って急いで帰ったものの、結局ホテルに戻ってからも全然雨は降らず。

 

Loading... 次ページへ »