旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

クアラルンプール(2014/06/23)帰る

帰るのみ。
5時半にホテルを出発し、KLセントラルのバス乗り場には5時45分着。
DSC_2326
6時過ぎに出発。
満席とは言えないが、7割以上は席がうまった感じ。
人が集まるのを待つ?それとも時間が決まっている?

Exif_JPEG_PICTURE
空港到着が6時57分、、、早朝で混雑無くてもほぼ1時間
KLセントラル界隈に泊まっても、やはりホテルから1時間半くらいはかかってしまう。

Exif_JPEG_PICTURE
建物に入ると、なんだかガラーンとした空間

Exif_JPEG_PICTURE
前のLCCTの時には無かった豪華ショッピングゾーン

Exif_JPEG_PICTURE
klia2
ここからが空港?
今まで歩いて来たのは空港前のショッピングモールということか、、、。
いずれにしても、バスを降りてからソコソコ歩く。

Exif_JPEG_PICTURE
正面にフライトインフォメーションボード
、、、ここで確認しておかないと、この先はしばらく無い。

Exif_JPEG_PICTURE
奥へ進むとサイドにチェックインカウンター
Webでチェックイン済みで、預ける荷物も無ければ素通りでOK < エアアジア

Exif_JPEG_PICTURE
真っ直ぐ進めばセキュリティーチェック

Exif_JPEG_PICTURE
イミグレ
ここを過ぎると「P、Qは真っ直ぐ、Lは右」となっているものの、ゲートの確認していない。
日本で印刷してきた搭乗券にはゲートも書かれていない、、、

とりあえず「L」にかけて右へ
Exif_JPEG_PICTURE
ハズレ( ̄(工) ̄)
しばらく歩いた後にやっと現れたボードを見れば、名古屋行きはQ6ゲート。。。

Exif_JPEG_PICTURE
歩く

Exif_JPEG_PICTURE
歩く

Exif_JPEG_PICTURE
歩く

Exif_JPEG_PICTURE
下る

Exif_JPEG_PICTURE
歩く

Exif_JPEG_PICTURE


Exif_JPEG_PICTURE
セキュリティーチェック!(◎_◎;)
イミグレを通る前にもセキュリティーチェックがあったのに、、、そういえば、あそこは荷物だけとか書いてあった気がする。
液体チェックはここでやっているので、イミグレ後に飲み物を買うとここで引っかかるということ。

Exif_JPEG_PICTURE
ダンキンドーナツとちょっとしたお土産物屋があるていど。
なんだか工事していたので、どんどん店が増えるのかもしれない。

Exif_JPEG_PICTURE
待合いゾーン前でチケットチェックしてた。

飛行機は、お隣さんが空席でソコソコ快適に帰ることができましたとさ。

クアラルンプール(2014/06/22)ブキッビンタンで食べる

KLに到着(戻った)
ホテルに荷物を置き、出歩いた。

DSC_2272
myrapidカードを購入
モノレール、バス、地下鉄に乗れるICカード
これがあればやたら混雑している券売機に並ばなくてもいい♪♪
RM10で購入し、カード代RM2で、残金RM8だった。

20140704-003938-2378818.jpg
地下鉄乗って、乗換駅を間違えて、モノレールに乗って、、、車窓からツインタワー。

DSC_2299
ブキッビンタンに到着
モノレールの出口界隈は工事中で囲いを抜けたらこんな風景。。。
こっちに進んで行くと屋台街

この辺に来たら日本人がいっぱい♪
屋台街方面へは行かずに道を進んだ。
DSC_2301
飲食店、おみやげ物屋、コンビニ、ホテルなど、なかなか雰囲気の良い通り。
「massage」と声をかける30歳前後の微妙なお年頃のオネエサンが多数いる中、私が通ってもほとんどスルーで、たまに「老板、按摩」と声がかかるのみ、なぜだ?

そして、屋台街へ
店が多過ぎて何処に入ったら良いのか迷う、、、
DSC_2315
これといった決定打も無いまま、声のかかった店へ

DSC_2323
宮爆田鶏 <カエル、そして味は微妙
出て来た頃にはビールは既に無くなる寸前だが、小瓶がRM10と、マレーシアはビールが安くないのが難点。
ご機嫌になるまで飲むには金がかかり過ぎる。ヽ(´o`;

DSC_2318
おとなしく、炒飯を食べておいた。。。

Exif_JPEG_PICTURE
だんだんと夜は更けていく。

 

イポー ’14/06 DG One Stop Budget Hotel

イポーの宿泊はDG One Stop Budget Hotel

20140718-124043-45643526.jpg
イポー駅を出て、駐車場と広場を抜け、広い道を渡って進むと、歩いて5分ソコソコの所にある。

20140718-124446-45886567.jpg
巨大なイスラム寺院のすぐ近く

DSC_2154
こんな赤い建物
Hotel Budget One stopって書いてある。。。

Exif_JPEG_PICTURE
簡素な作りながら、窓が大きく日当たりが良くて辛気臭く無いのがヨシ。

Exif_JPEG_PICTURE
テレビは液晶の壁掛けタイプで、狭い部屋でも大丈夫。

Exif_JPEG_PICTURE
服をかけられるし、荷物も置けるが、ハンガーが少なめ。

R0023288b
部屋にトイレとシャワーあり。

Exif_JPEG_PICTURE
、、、が、シャワーは通電しても全然温かくならない

DSC_2256
部屋でWi-fiが使えることになっているが、全く入らず。。。
このロビー?ではWi-fi使用可

DSC_2255
パスワードを写していたら、オバちゃんお姉さんが、「ココしか入らないわよ!」と教えてくれたボヤいていたので、きっとどこの部屋も入らないんでしょう、、、。

DSC_2257
とりあえず、フロントの所でちょっとした物は買える。
、、、が、反対に、コンビニは結構歩かないと無い。
部屋に冷蔵庫が無いので、飲み物が微妙に困った。

イロイロな面で気になる所はあるものの、朝5時に隣のイスラム寺院から爆音でアザーンが聞こえることに比べればどうってこと無いですわ。

DG One Stop Budget Hotel
GL02, Jalan Sultan Yussuf, Ipoh, Malaysia
agodaで全部込みでJPY 2,067.00

イポー(2014/06/22)イポーで食べる2

プリンが特に美味しいといわれている「天津茶室(THEAN CHUN)」へ行ってきた。

Exif_JPEG_PICTURE
よく見れば看板にも「プリン」がある

Exif_JPEG_PICTURE
9時半からとのことだったが、9時25分頃に着いた時にはすでにオープンして満席

Exif_JPEG_PICTURE
お目当てのプリン
昔懐かしい「手作りプリン」といった感じ。

DSC_2229
食前用と食後のデザート用、、、

Exif_JPEG_PICTURE
猪腸粉

DSC_2238
サテー 10本でRM8

おいしゅうございました。



 



イポーの街

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

イポー(2014/06/21)イポーで食べる1

イポーはグルメの街、その中でもまずは「鶏ともやし」らしい。

そんなわけで、鶏ともやしの店へ向かった。

場所は↓

この一角にある「老黄(LOU WONG)」、「安記(ONG KEE)」、「安記(ONN KEE)」の3軒が有名どころの模様。

DSC_2157
老黄(LOU WONG)、隣に安記(ONN KEE)

そして、交差点の斜め向かいが安記(ONG KEE)
DSC_2159
安記(ONG KEE)

席が空いていた安記(ONG KEE)へ
DSC_2165
これが名物の「鶏ともやし」+微妙に写る「河粉」

普通に良いんだけど、事前に「激ウマ」と刷り込まれていたためか、醤油っぽいタレが少々甘目なのがあまり得意ではない為か、「激ウマ!!」という気はしない。。。

 

続いて、マレーシア名物「ホワイトコーヒー」
イポーが発祥らしい。
有名コーヒーショップ「OLD TOWN WHITE COFFEE」の本店を目指す。
DSC_2186
南香(NAM HEONG)茶餐室

DSC_2180
いやね、熱いのよねこれ。。。

ざわついた店内で微妙に伝わらないから、持ってたコーヒーを指して、「それ」と注文したら熱いのが出てきた。
ガラス容器だからといって冷たいわけじゃないのね。
ハハハ。

場所はココ↓


夕食はココにしてみた。。。
Exif_JPEG_PICTURE
老黄

食べ比べというか、激ウマでなかったのは店の問題なのか気になったというか。

DSC_2210
似たような味。。。
コショウがかかっていて、どちらかと言えばこっちの方が良いかも。
これ、もう少し辛くするとうまいと思う。<この店、辣醬がおいてあった。

Exif_JPEG_PICTURE
老黄と安記(ONG KEE)の間の道はナイトマーケットになっていた。

このマーケット、観光価格が表示してあるのも多く、その価格も良心的で良い感じ。

 

Loading... 次ページへ »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。