旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

釜山への道 ~福岡で一泊 2013/5/17の話

今回、博多港からフェリー「ニューカメリア」で釜山へ。

福岡まではジェットスターで移動。
、、、というか、ジェットスター就航記念セールの際、名古屋―福岡片道5円(別途、空港使用料300円+カード決済料金200円の計500円が必要)チケットが購入できたので、福岡旅行をするつもりだった。
その後、「船」を使って格安で釜山へ行くことができることを知り、船で釜山へ行くツアーに申し込んだという話。

Busan_iPod_20130517_165558 
福岡行きの隣には札幌行きのJetStar機

Busan_iPod_20130517_170919 
搭乗ゲートを使わず、わざわざ横の通用口のような所を通り、移動可能なコンパクトな読み取り機でチケットのバーコードを読み取る。
ゲートを使わないと施設使用料が安くなるということなのか?
確かにこれで十分だが、なんだか不思議な感じ。

機材が新しいこともあってか、機内は非常にきれい。
飲み物食べ物が有料という事だけで、他は何の問題も無し。
「乗っている人も定時運行に協力してね」という姿勢で、通路を遮り荷物を入れているような人にCAさんがてきぱきと注意を促すのがむしろ良い感じ。
そんなこともあって、出発は定刻、到着予定時間17:05が16:45に到着。
ジェットスタージャパン、なかなか良い仕事をしていると思う。

宿泊は「平和台ホテル本館」
Exif_JPEG_PICTURE 
じゃらん.netで3,500円/泊の格安ホテル 
フロントのお兄さんが非常に愛想が良かった。
しかも、この値段で簡単な(パン、サラダ、スクランブルエッグ、ウインナー等の)朝食バイキング付き

Exif_JPEG_PICTURE 
部屋は、質素、、、。
ベッドの足もと側に空の冷蔵庫もある。

Exif_JPEG_PICTURE 
スチール机、、、

Exif_JPEG_PICTURE 
机の上にかなり年季のが入った大きな空調が。。。

Exif_JPEG_PICTURE 
ユニットバス

Exif_JPEG_PICTURE 
少々深めのバスタブ付き
ここに湯をはり、栓を抜くと上の洗面所も水浸しになる。

古さが目立つものの、掃除はキレイにしてあり、安さを求めるなら良いと思う。

 

関空への道 ~大阪で一泊 2012/10/4の話

名古屋(本当は知多半島)から公共交通機関を使って、朝9:40関空発のAirAsiaに乗るためには大阪で前泊が必要だった。

photo:01 
仕事を終え近鉄で難波へ
名古屋19:00発 難波21:09着のアーバンライナー
今回も株主優待乗車券を1,500円で入手し、当日特急券を1,850円で購入。

photo:02 
エアアジアでの格安旅行前に泊ったのは難波のカプセルホテル「AMZA」。
のんびりと大風呂&サウナに入って、とりあえず寝られて、事前予約で2,600円

photo:06 
テレビもついている

20年ぶり2度目のカプセルホテルは少々厳しかった。
隣のイビキ、変なテレビ番組の音、入り口の前を通る人が気になって眠れない。
普段は車が行き来きする音が多少煩くてもあまり気にせず寝られるのだが、人の気配を感じるとダメらしい。

4時頃までウトウトしてはハッと目が覚めるのを繰り返したが、耳栓を持っていたのを思い出し耳に詰めてやっとぐっすりと眠ることができた。
最初から耳栓して寝れば良かったな、、、

photo:03 
こんなきれいなビルの7階がホテルの受付

photo:04 
千日前のとっても良い場所

photo:07 
南海難波駅からもとっても近い。
ホテルを6時に出て、途中でコンビニに立ち寄っても、難波駅6:28発の関空行き急行に楽に間にあった。

photo:08 
7:14に関西空港駅に到着
出発2時間前にチェックイン(ドキュメントチェック)するにはちょうど良い 😛

ただ、やっぱり前泊するのはちょっと面倒。
名古屋からエアアジアなどで格安で行けるようになると良いんだけどなぁ。

 

関空到着後はKALラウンジで朝食&飲んだくれ <プライオリティパスで入場
photo:09 
とりあえず新聞でも読もうと手に取ったら「統一日報」
半島系情報満載の新聞、、、いろんな新聞があるんだなぁ。
このKALラウンジ、出国手続き前にある。
関空は出国手続き後にはプライオリティパスが使えるラウンジがなぜか無い。

 

名古屋から関空へ 2012/5/12(土)の話

 今回のマニラはJetstarの関空発片道500円チケット。
名古屋から関空への移動も、近鉄-南海電車を乗りついで安く行ってみた。

photo:01
名古屋の地下街にある金券ショップで近鉄の株主優待乗車券を購入
1枚1,500円×2   <通常の名古屋-難波間の普通料金は片道2,300円
恐らく最も安価に大阪まで行く方法だと思われる、、、。

ipodfile.jpg
10:01名古屋発 松坂行き急行

ipodfile.jpg

名古屋が始発駅なのでちょっと早めにいれば確実に座ることができる
特に混雑をすることは無かった

photo:04
伊勢中川で11:19発大阪上本町行き急行に乗り換え
名古屋からの電車とほぼ同時にホームの向かい側に来た

photo:06
乗り換えた時には多くの空席があった
大阪に近付くにつれ立っている人が出る程度

photo:07
13:11 鶴橋着、ホームの向かい側から 13:17発尼崎行き普通電車に乗り換え

13:23 大阪難波へ到着

photo:08
東出口側へ歩いて行く(電車に乗って来た後ろ方向)

途中、南海線の表示を見失い若干さまよったが、、、
結局は東改札口を出て正面の階段を上がって、右前方に進み地下鉄なんば駅を右手見ながらひたすらまっすぐ進む。

つきあたりに南海電車の表示を発見
photo:09
ここを上に上がって行けばもう見失う事もない、、、

photo:10
13:40発の関西空港行きがちょうど出たばかりだった

13:47発の関西空港行きの普通があったが、13:55発の急行・みさき公園行に乗って泉佐野で乗り換える方が早いとのことでソレで行った。 
お隣に停車中のラピードとやらが先に到着するが別途500円らしい。

14:44 関西空港駅に到着
南海鉄道 難波-関西空港間は890円

photo:11
Jetstar は北側


Jetstarのチェックインカウンターに着いたのは15:00頃

名古屋駅から5時間後(実は近鉄に乗る前に家から1時間かかっているので、家を出てから6時間後)にやっと関空に到着。
これだけで非常に疲れた、、、オッサンにはこの移動は結構厳しい。

------


帰りは難波から名古屋まで+1,850円出して、アーバンライナーで帰った。
コレだったら1時間以上時間短縮できるし、ずっと寝ていれば良いし、楽チン。
行きもコレに乗って体力を温存しておくべきだった。
コレだったら今後も関空を使っても良いと思う、、、。

最初からアーバンライナーで行くつもりなら、金券ショップで乗車券+特急券を3,300円程度で売っている。

関空まで行くと移動時間がかかるというのが最大のネックではあるものの、費用的には中部空港へ行くより近鉄分の3,300円×2程度の出費が増えるだけなので、今後も時間さえ合えば関空発着のLCCやツアーを使うのも良いなぁという感じ。