旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

上海(2017/8/13)新黄浦酒店公寓

振り替えフライトで虹橋空港に到着。

先に日本から到着していた家族とホテルで合流しました。

宿泊するのは「新黄浦酒店公寓 (New Harbour Service Apartments)」です。


最寄駅は地下鉄8号線の「大世界」、タクシーに乗る時は「广西南路 宁海东路」とか「广西南路 金陵东路」とか言えば、ホテルの角のところに到着します。


Selected Two bed room aparment
Expediaでエアチケット同時取得の割引と追加ゲスト(私)の割増ありで、2泊で¥37,446。



リビングに寝室2つ、全室テレビ付き


大きな冷蔵庫や電子レンジもあるキッチン付き


トイレと風呂(バスタブ付き)は1つ



窓からの眺めもヨシ

昔住んでいたアパートに似ていて、家族で何だか懐かしい感じね、、、と言っていましたが、これで部屋に洗濯機があれば完全に自宅感覚で過ごせる快適さです。

ちなみに、3階にランドリーありますが、自分でやると5kgまでが洗濯25元、乾燥機も25元です。

ホテルにお願いすると上記の価格+50%です。

新黄浦酒店公寓
上海市黄浦区永寿路88号(近金陵东路)

北京(2017/8/12) フライトキャンセル

21:40のフライトで上海へ移動の予定でしたが、悪天候でキャンセルされました。


空港に到着した時に床に座っている人が沢山いるなぁとは思いましたが、、、


“取消”が並ぶ電光掲示板を見て「あーそういうことね」と思っていたら、自分の乗る便も”取消”になっているのを発見。(-_-)zzz


私は東方航空のチケット窓口に並びましたが、電話でも変更できるらしく、結構スムーズに翌朝9時のフライトに変更できました。

空港にいてもしょうがないので、agodaで空港近くで空いている最も安いホテル「錦程ホテル」を予約し、滴滴を使って移動しました。<車代は15元でした。
ホテルに到着すると、ドミトリーを含めて満室だと話していました。

そんなわけで、、、


エアコンから水が垂れるため(ホテルの兄さん談)、部屋の真ん中にベッドがあったり


エアコンのリモコンが壊れていて、フルパワー稼働かコンセント抜いて止めるかの二択だったり


コップはあるけど水も無かったりと微妙なところがいっぱいの部屋でした
それでも、空港の床やベンチで寝るよりは圧倒的に快適だったと思います。(苦笑)


ホテルの外観


ホテルの前は空港への道、、、店は無い


朝5:00~夜遅くまで毎時0分に空港まで無料で送ってくれます。

スタンダードツインで諸々込みの総額3,411円でした。

Jin Cheng Hotel
West Huayi Bridge, Beijing Capital Airport Highway Crossing,  101300

景程国际青年旅社
中国北京朝阳区首都机场道口华谊桥西

上海(2017/05/04)海友上海外灘北京東路酒店

今回は「海友上海外灘北京東路酒店」に泊まっています。
3泊で508元(会員価格:木曜158元、金曜175元、土曜175元)です。


地下鉄「南京東路」駅の4番を出て右を向き、真っ直ぐ200m行くとあります。
ロケーションは抜群です。

駅を出て南京東路の歩行街を横切って進むとすぐに下町風の景色に変わります。


ホテルの前 (山西南路)
もう少し進んで突き当たりの道がホテルの名前になっている北京東路
ビル正面にローカル系のコンビニがあり、北京東路側にはローソンもあります。


物質大廈(物質ビル)の4階が海友酒店
3階にも別のホテルが入っているいわゆる「雑居ビル」にあります。


結構高い建物です。

3つあるエレベーターのうち2つは11階以上用のエレベーターで、ビルには会社も入っているようで、朝は結構混んでいました。
ボタンを押してもなかなか来なかったり、人がいっぱいだっり、エレベーターの環境はちょっとマイナスポイントです。

フロントには愛想の良い若者がいて、雰囲気はとても良いです。
チェックイン時もサラッと英語で話し、西洋系の客も多く普通に会話していたので、中国語ができなくても大丈夫なような感じです。
メッセージボードのようなモノもあり、ゲストハウス感もあります。


冷蔵庫は無いですが、湯沸しポットや蚊取り器などはありました。
Wi-Fi環境は良好、キーと非連動の常時ONのコンセントがあるのも便利です。

窓がありますが、廊下に面した窓で外は見えません。
安いシングルの部屋には窓が無いようです。。。


部屋は狭いですが、ベッド脇のコンセントや、電気のスイッチなど、使い勝手の良い作りになっています。


トイレとシャワーが一体で、バスタブは無く、手で持つタイプのシャワーです。
お湯もしっかり出ます。

窓が無くエレベーターが面倒と、ベストではないですが、安めでロケーションは良く、部屋は小綺麗で十分使えるところだと思います。

住所:上海市黄浦区山西南路350号物質大廈4楼

北京(2016/02/24)外国人は泊まれないホテル

プレミアムフライデー(笑)ということで、会社を3時過ぎに退勤し北京にやって来ました。

激安でゲットした午後9時5分名古屋発のETIHAD航空、北京に到着して外へ出た時には日にちが変わっていました。
ホテルは三里屯界隈の百家庄路の「Fate Star Hotel Beijing

もうバスは終わっていると思っていたら、目の前にバスが、、、午前1時が最終でした。

三里屯なら亮馬橋だけど、百家庄路なら百家庄で下りればヨシとのこと

23時以降は30元でした。<昼の値段は18元

 

—–

【次回のための防備録】

空港バスの案内(バスの運行時刻も書いてあります)

http://jp.bcia.com.cn/traffic/airbus/index.shtml
・・・料金は午後11時過ぎは表記の値段より高くなります。

中国語版には路線図もアリ

http://www.bcia.com.cn/traffic/airbus/index.shtml

http://www.bcia.com.cn/traffic/airbus/table1.shtml
—– 

ここまでは運が良いわ~と思っていたんですけどね。。。

百家庄路にFate Star Hotel Beijing の姿を見つけることはできず。

百度地図で探すと横路の奥の方にあり、ナビ機能をONにして暗い路地を進んで行くと行き止まりだったりして、バスを降りて30分程かかってようやく到着しました。

、、、チェックインしようとすると、「外国人客は今は無理、キャンセルして良いか?」と言うので、「ちょっと待て待て、俺どうすんのさ?」なんて話をしつつも、「公安から許可が出ていないから無理」と言うことだったため、これは粘っても無駄だと悟り、申し込みをしたExpediaに連絡しました。

すぐにホテルに連絡が入りExpediaが話をしても状況は変わらず、Expedia側が近所のホテルを探すも空きは無く、ホテルのオヤジは「俺が紹介するからキャンセルしな」と言ってると伝えると、すでにチェックイン時間を過ぎているのでキャンセルは無理、、、。

その後もゴタゴタ話をしたものの、結局、Expediaの予約はそのままこのホテルに泊まったことにして、Expediaからはこのホテルに支払い、このホテルが外人OKのところを紹介してそこへの支払いはこのホテルからすると言うことで落ち着きました。

 

このホテルのオヤジさんは自分は特にメリット無いのに、ホテルと車の手配と支払いをしてくれるずいぶん親切な人でした。<来月から外人OKになるらしいので皆さん泊まりましょう!

そして、怡莱北京王府井酒店に到着。

午前4時……。

寝るところが出来て良かったです。(笑)

安い宿を攻めるとこういうこともありますよね。

上海(2016/11/12)春申江賓館

10月30日に開催された上海マラソンですが、上海体育総会の当初計画では11月13日でして、これに合わせて随分前にエアーとホテルを準備していました。

そんな訳で、ホテルはスタートの外灘に近い南京東路界隈の「春申江賓客」です。



場所は南京東路から浙江中路に少し入った所です。
(真ん中右寄りのオレンジっぽい看板のところ―南京東路から撮影)



客室フロアー廊下に作業用のシートが広がってます、、、(笑)



ベッドは柔らか目で、シーツは綺麗です



机、湯沸かし器、テレビ、エアコン(冷暖房)はありますが、冷蔵庫はありません。



机の所に日本のモノがそのまま刺せるコンセント(電圧は違うので注意)が3つありますが、ベッド付近にはありません。



トイレとシャワーの一体型です。
カビとか無く綺麗です。



部屋からの眺め

歩いて1分ソコソコにコンビニが多数、食べ物屋も多数あり、とても便利です。

シングル部屋は狭めで、フロントは愛想の一つも無い人がいっぱいですが、agodaで5,820円/2泊(諸々込みの支払総額)です。

上海で泊まったこの価格帯のホテルの中では、今のところここが一番かな。

Loading... 次ページへ »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。