旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

広州マラソン(2017/12/10)

広州マラソンのハーフを走ってきました。

動いていない時にはTシャツ一枚では若干肌寒いかなという程度の絶好のランニング日和でした。


スタートは天河体育中心です。昨日荷物受け取った所です。


スタートの合図があっても15分くらいまったく動かず。
ハーフは体育館の反対側に並んでいるフルが出た後に出発です。


スタートのゲートを越えたのはスタートしてから18数分後


写真の左側は10km、右側は6km位のところ
13kmを過ぎて大通りに出るまではずっとこんな感じで人がいっぱいです


猟徳大橋などの広州らしい場所では撮影会が繰り広げられます


ハーフでは猟徳大橋前後の広州塔が見える場所は最も人気の撮影スポット
当たり前のように声をかけて撮影し合ってます。


ゆっくり走って広州の美しい景色を楽しみましょう的な看板を持った人


おばちゃんの応援多いです。
ここぞとばかりに自分たちが踊りたいだけだろという団体も多々ありますが(笑)


チアガールもいました、、、一応。


Eグループの先頭に並び、流れに合わせつつ、途中でボチボチ写真を撮って走って2時間53分くらい。


ハーフのゴールは広交会展館です

*気候も良いし、途中の看板通り、のんびりと景色を眺めながら楽しむ大会かなと思います。
スタート後は全然動かないし、前にフルの遅い人たちがいっぱいなので、記録を目指す人には向いていないです。

広州マラソン受付(2017/12/9)

明日の広州マラソンの荷物を受け取りに行ってきました。
場所は天河体育中心で、最寄駅は体育西路です。

受け取りに必要なのは以下の3つです。
・パスポート
・過去のハーフマラソン以上の記録証
・サインをした登録表(当選確認後にネットから自分でダウンロードする)


階段を上って指定されている場所(私の場合はハーフなので黄色のところ)へ行き、自分の番号が当てはまるカウンターに行き、必要なモノを出してナンバーカード等を受け取ります。
ナンバーカード等を受け取った後は、右側の階段を下りてTシャツ等の記念品を受けとります。
外国人だとわかると英語で話してくれるので中国語が出来なくても問題はありません。
・・・広州界隈をふらふらしている時点で問題ない気もしますが(笑)

3年前にマラソンに参加した時とは受取りやスタート場所などが随分変わっていますが、参加にハーフ以上の完走証が必要なのは変わっていません。

広州マラソンに出たい人は事前に他のハーフ以上のマラソンに参加しておきましょう。。。


現地にも案内あります


スポンサーのブースが並んでいます


広州マラソンはトヨタ(広汽豊田)が冠スポンサーです
コレはカムリのハズ(笑)


参加賞のTシャツに文字やらイラストを入れる所が混んでいました


康師傅もスポンサー


明日開催の広馬音楽節のチケットも貰えました
GNZ48も登場するらしいです、、、興味無い人には全然興味ないでしょうけど(笑)


体育館の横に位置する明日のスタートゲート
明日の朝は後方にある競技場を囲むように向かって左にフル、右にハーフと分かれて集合です。

台北(2016/12/16)マラソンナンバーカード受け取り

台北に来ました。
前回来た時には「MRT空港線が12月には開通する」って言っていたけどまだでした、、、(笑)

そんなわけで、バスで移動です。

今回はJALだったのでターミナル2。



國光客運の1819路線、NT$125です。

乗り場はチケット売り場のすぐ外側ですが、、、



スゴく並んでいました(゚Д゚;)

それでも、結構頻繁にバスが来たので30分も待たずに乗れました。

 
台北駅に着き、そのまま地下鉄でナンバーカードを受け取りに向かいました。



受け取り場所の世貿三館は台北101のすぐ横で、最寄り駅は「MRT台北101/世貿駅」です。。。



ランナー入口(マラソンEXPO開催中で、ランナー以外は別の入口があります)



一週間くらい前に送られてきたメールを印刷し、自分の番号の所に出せばヨシです。

受け渡し時に日本語で「頑張って!」って言われました。(・∀・)



預け荷物は専用のカバンが必要ですが、すでに売り切れで明日(当日)5時に現地で売るとのこと。。。



マラソンEXPO開催中です



今年のfinishers Tシャツ



finishersメダル

明日は走りきって、何としても欲しいです。

香港(2014/02/16)香港マラソン

マラソン1組は6時40分スタート
4時半にゴソゴソと起きて準備をし、5時半にホテルの部屋を出発。
スタート地点はホテルの目の前、外に出たら既にランナーがいっぱい。
微妙に肌寒い程度で、走るにはちょうど良い感じ。

Exif_JPEG_PICTURE
廣東通に荷物預けのトラックが並ぶ
昨日受け取ったカードに書かれている番号の車に荷物を預ける

Exif_JPEG_PICTURE
adidasブースで記念撮影で盛り上がる人々

Exif_JPEG_PICTURE
漢口道のトイレは大混雑中

Exif_JPEG_PICTURE
彌敦道(ネイザンロード)の待機エリアで待機中
前方ではマラソン挑戦組がスタートをしているところ

Exif_JPEG_PICTURE
スタート地点でスタンバイ
昨年末に膝を痛めて1か月以上まともに走っていないというか、未だに完治していないので、今回はのんびり行くつもりだったのだが、意外に前に来てしまった、、、。

Exif_JPEG_PICTURE
スタート
マラソン1組(ファンラン:4時間~5時間の人が目安)とはいえ、先頭の人は結構頑張る。
邪魔にならない程度にかなりゆっくり走ったつもりが、最初の1キロは5分30秒。
今日の作戦&コンディションではこのペースは早すぎる。

彌敦道でスタートするも、すぐに柯士甸道で曲がり、そのまま街をはずれていく。。。

Exif_JPEG_PICTURE
高速前に立ちション軍団、、、
なにしろ参加人数が多いこともあってトイレは結構混雑する。。。

Exif_JPEG_PICTURE
前方に昴船洲大橋(Stonecutters Bridge)が見えてきた

Exif_JPEG_PICTURE
南湾隧道(Nan Wan Tunnel)
GPSが入らぬ、、、(*_*)

Exif_JPEG_PICTURE
12~13km地点
左側が青馬大橋(Tsing Ma Bridge)方面、右側が汀九橋(Ting Kau Bridge)方面

Exif_JPEG_PICTURE
青馬大橋を渡って、Turming Point-1で折り返し <ここで15.2km

Exif_JPEG_PICTURE
先ほどの道を戻って来て、今度は汀九橋へ向かっている
18kmを超えたところ

Exif_JPEG_PICTURE
汀九橋

Exif_JPEG_PICTURE
20km地点を超え、橋の途中にある Turning Point-2 で折り返し

Exif_JPEG_PICTURE
半分地点で2:15:24 <表示時間は30分前に出発している挑戦組が基準

Exif_JPEG_PICTURE
大音量で音楽を流しながら、金色のタイヤを抱えて走る謎の人
「勇往直前↑ 堅持到底 終點在望」と書いてあるが、、、。

Exif_JPEG_PICTURE
長青隧道(Cheung Tsing Tunnel)
トンネルの中は結構蒸し暑い、、、

Exif_JPEG_PICTURE
26km地点 青葵公路(Tsing Kwai Highway)上

Exif_JPEG_PICTURE
25km?(26km過ぎているけど)の給水ポイント
給水ポイントは5km毎にあるはずだが、もっと沢山あった気がする。。。

Exif_JPEG_PICTURE
バナナがあったようだが、私が通った時(9:35過ぎ)にはすでに無し

Exif_JPEG_PICTURE
「跑族」
景色が単調ということもあり、字があると読んでしまう、、、。

Exif_JPEG_PICTURE
「初志貫徹」
、、、ん!?日の丸?日本人?

Exif_JPEG_PICTURE
液体のシップ薬のようなものを塗りまくる人たち
後半になると沿道の警備風の人たちもこの薬を持っている模様

Exif_JPEG_PICTURE
27,28km辺りでハーフの人たちと合流し、人口密度が上がる

Exif_JPEG_PICTURE
33km 後方にELEMENTS発見

Exif_JPEG_PICTURE
西トンネルの料金所前

Exif_JPEG_PICTURE
トンネル入り口

Exif_JPEG_PICTURE
西トンネル内は最初は下り坂で途中から上り坂。
ここまで来ると下りも上りも微妙に辛い。

Exif_JPEG_PICTURE
香港島上陸!!

Exif_JPEG_PICTURE
サメがいる、、、ここでサメを追い抜く

Exif_JPEG_PICTURE 
この界隈はほとんど歩け歩け大会状態。
ここまで来れば歩いてでも制限時間内にゴールできる余裕か?

と思いきや、、、

Exif_JPEG_PICTURE
上環界隈に来ると沿道から声援が飛ぶ、、、だからここら辺からみんなまた走る。

Exif_JPEG_PICTURE
香港らしいビルのある風景

Exif_JPEG_PICTURE
ここの先の下り&上りが最後の難関か、、、?

Exif_JPEG_PICTURE
H&M 黒ハート  HONG KONG

Exif_JPEG_PICTURE
夜になると光っているHITACHI & CHINA MOBILE の看板
(◎_◎;)!! あっ、サメに抜かれた。

Exif_JPEG_PICTURE
駱克道、、、銅鑼湾界隈まで来ている

Exif_JPEG_PICTURE
記利佐治街
ここを抜ければヴィクトリアパーク

Exif_JPEG_PICTURE
ヴィクトリアパーク
ゴールへの花道

Exif_JPEG_PICTURE
ゴール
サメに追われながら4時間50分弱でなんとかゴール

DSC_0266s
完走メダルとオヤジ(モザイク入り)
こういうメダルをかけてもらえるのはなんだか嬉しい。

年末に膝を痛め、一週間休んでは少し走ってみて痛みがぶり返すのを繰り返し、最後の最後に2週間の完全休養をした後の参加で、正直最後まで膝がもたないかもと心配していたがどうにかなった。
これも応援してくださった皆様とワコール様(笑)のおかげでございます。

「朝食はスタート2時間前くらいには食べる」、「走り終わった後に上着を羽織ってそのまま帰る」ことを考えると、宿はスタート地点ではなく、ゴール地点に近い銅鑼湾界隈の方が良いように感じたが、来年以降また来れるかどうかはわからない、、、。
いずれにしても、バスと電車を乗り継いでシンセンまで移動するのは少々辛かったどんっ (衝撃)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。