旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

瀋陽(2017/9/18)移動の一日

ホテルから空港までの移動の覚え書きです。。。



泊まったのは「漢庭瀋陽中街劉老根大舞台酒店」です。

最寄りの駅は地下鉄1号線の「中街」ですが、そこまでの足が無い(瀋陽はmobikeやofoがとっても少なかった)&空港は2号線へで乗り換えが必要なため、2号線の市府広場駅に向かいました。

朝7:55にホテルを出発

次々やってくる230路のバスで3つ目の停留所「市中級法院站」で下車。

バスは通勤の人でなんとか乗り込める程度の混雑具合 <中国は平日


市府広場駅の入口 8:04

地下鉄も全員乗れないほどの混雑で、次の青年大街で身動きができる程度に人が減り、奥体中心で空席ができました。


白塔河路で下車 8:35


*白塔河路駅は大通りから少し奥の方にある為、空港からトラムに乗って来た時にはこのデカい標識が無いとわかりにくいです。。。



トラムの停留所は大通りの真ん中



トラム到着 8:42

最初から最後まで十分な空席ありました。



瀋陽桃仙空港到着 9:11

来るの早すぎました。。。

12:15発(11:45搭乗開始)のCZ6515で上海へ。

瀋陽では瀋陽−上海のみの発券で、その先の名古屋行きは発券できなかったです。



国内線の制限区域内にもpriority passが使えるラウンジありました



上海到着後、荷物受取りの横に乗り継ぎ用のカウンターがありましたが、南航の人にこっちかい?と聞いたところ、チケットを確認して名古屋は時間あるから一旦外出てチェックインしてと言われました、、、。

でも、南航のチェックインカウンターは空いていて大して時間かからなかったです。

上海(2013/08/10)中国東方航空でホーチミン

今回も中国東方航空で上海乗り継ぎ。
当然安いから使っているのだが、名古屋から東南アジアへ行くには意外に便利だし、上海に立ち寄るのも密かに楽しみだったりする、、、。
ただ、これまでの経験上、1時間くらい平気で遅れたり、荷物が出てこなかったり、フライトキャンセルで代替え便になってしまうというハプニングも待っている、、、が、もう慣れた(笑)
※乗り継ぎ時間が2時間くらいしかない場合には、1日分の着替えは手荷物で持ち込むのがお勧め。

今回も当初は8/10の上海発19:50、ホーチミン着22:50のフライトだったが、こいつがキャンセル。
先方が提示してきた代替え便は8/11の上海発22:05発、ホーチミン着0:55。
「上海で1泊していただくことになりますね。」と、、、。
「さすがにこのままOKとは言えないでしょ、、、当日22:05発もあるよね?行き先変更でも良いし、ちょっと検討して。(実際はもう少し丁寧)」と要求を出したところ、「当日の22:05発」と「手数料等無しのキャンセルで全額返金、行き先変更は不可なので、一旦キャンセルして改めて自分で取ってちょうだい」の提示があり、当日の22:05発で了承した。
名古屋-上海のフライトは変わらず、15:05着に着くので、乗り継ぎ時間は7時間だった。

、、、と言いつつ、実際はしっかり50分強は遅れ。
地下鉄で川沙へマッサージに向かったが、それだけでは少々時間を持て余しそうなので、川沙で降りずに中心部に出て少しぶらつくことにした。

地下鉄2号線は上海の中心まで走っているが、途中の広蘭路で乗り換えが必要。
降りたついでに地上へ出た。<空港からここまで30分以上かかる

Exif_JPEG_PICTURE
向こう側に綺麗なマンションが並んでいる。

Exif_JPEG_PICTURE
見た目は綺麗だが、整い過ぎてなんだか無機質な感じ
中国の混沌とした雰囲気が感じられず物足りない 😐


Exif_JPEG_PICTURE
そしてなにより、この道沿いに店が無い
この先の交差点までフラフラと歩いていったが、見渡す限りでは特に見るものはなさそう。

地下鉄に戻って再度出発
Exif_JPEG_PICTURE
これぞ上海という風景を求めて陸家嘴へ

20130905-214632.jpg
個人的にはこの「東方明珠塔」が最も上海を感じる
逆光でまともに撮れず。。。

20130905-215005.jpg
新しいビルも建設中

時間を持て余すと思ってちょっとふらついたつもりが結構時間がかかっている。
単純に地下鉄だけでここまで1時間くらいかかっている<その上、広蘭路でさらに時間ロスしてる

これ以上の観光は止めて龍陽路へ <リニアモーターカー乗り場のあるところ
ここは以前来て、マッサージ屋や食事処があることは確認済み。

Exif_JPEG_PICTURE
少し歩くと飲食街もある

Exif_JPEG_PICTURE
盆盆香なる四川料理屋が目に入り、「毛血旺」を注文
連日最高気温が40度を超える上海で、エアコンがきかない店内で食べる毛血旺はなかなかツラかった。
、、、が、久々に食べてうまかった。

Exif_JPEG_PICTURE
結局空港まではリニアで移動
航空券があれば片道40元、微妙な金額ではあるが、やっぱり速くて快適。

龍陽路の方が川沙よりも小奇麗で、いろんなモノがあって良いかも。
、、、とは言え、往復80元(龍陽路)と往復8元(川沙)だし、本数的なことを考えるとやっぱり川沙も有りか。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。