旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

深セン地下鉄にビジネスクラス(2018/04/20)

名古屋~-香港~福田イミグレを通って深セン空港に来ています。

福田のイミグレを抜け「福田口岸」駅から地下鉄4号線に乗車し、「市民中心」で2号線に乗り換え、さらに「福田」で地下鉄11号線で「機場」までのルートです。

1時間15分くらいです。

地下鉄11号線はビジネスクラスの車両があります。
福田口岸~機場までは普通料金で8元、ビジネスクラスを使うと22元です。

ビジネスクラスは普通料金の3倍で、福田から機場までが7元のため、この区間の料金7元×3倍+1元(福田口岸~福田分)で22元です。



ビジネスクラスの乗り場は柵で囲ってあります。
入口のカードリーダーで深圳通を読ませると勝手に計算されて引かれます。

柵の向こうは一般車両<混んでます



こっちは空いてます。。。



天井は青空ですし。。。



福田から機場までは約40分
椅子もクッションがありますし、空いていますし、これで+250円ならば納得です。
全部で350円くらいなので、日本の感覚だとビジネスクラスでも安いような気がしますし・・・。

 

成都地下鉄の始発(2017/11/25)

8:35のCZ3378便 広州行きに乗るため、6時に地下鉄1号線の「騾馬市」駅に行くと入口が閉まっていました。

案内板では3号線は動き始めている模様。

タクシーを拾って3号線の「省体育館」駅へ向かいました。

絶妙のタイミングで入口がオープン



この駅の太平園方面の始発は、、、6:55

まだ30分ある。😱

結局またタクシーを拾って空港まで行きました。



6:50に空港に到着。

タクシー代は2回分合計で70元ソコソコ

入場の安全検査で若干時間を費やしてちょうど良い時間でした。

しかし、6時頃に地下鉄が動いていないのはまったくの予想外で少し焦りました。。。

到着時に乗車ガイド貰っていたんですけど、路線図しか見ていませんでした。



成都の地下鉄(2017/11/23)

CZ380(名古屋-上海)〜CZ3359(上海-成都)と乗り継いで成都に到着しました。


今年の9月に空港まで開通した地下鉄で街に向かいます!



切符は画面に表示されている路線図から駅をタッチするだけで簡単に買えます。

、、、が、何度か乗るのでICカードを買うことにしました。

窓口で「交通カードあります?」と聞くと、若いお兄さんが「この窓口では売っていないので向こうの販売機で購入してください。」と満面の笑みと共に教えてくれました。☺️☺️☺️ 


成都の交通カードは「天府通」というらしいです。


普通のカードは50元で、20元分の残高がありました。

キーホルダー型やキャラクター柄のモノもありますが、若干高いです。


ホームも電車もピカピカです


夜の8時半くらいですが乗客は少なめでした


街の中心に行くには太平園で3号線に乗り換えです

今日の宿泊地「骡马市」までは、更に「省体育馆」で1号線に乗り換えが必要でした。

上海(2017/05/07)地下鉄で空港

帰りました。。

空港まで地下鉄2号線で行く貧乏人の忘備録



広蘭路から浦東空港を出発した時の一番後ろの車両の様子

南京東路から地下鉄2号線で浦東空港へ向かう時は後ろの方の車両に乗ると良い。

・後ろの方が比較的空いている

・広蘭路で乗り換える空港行きの方が短く、前方に乗ると後ろまで移動が必要。

・移動する間に近くから降りた人が前に並んでしまう

・前方の車両は前の方に乗っていた人が集まってくるから混雑している。


反対に空港から街に出る時も後ろの方に乗ると、広蘭路の乗り換えで少し後ろに行くだけで乗り換えの人の席争奪戦から逃れられて座りやすい。

理屈上はどっちにしても後ろに乗った方が混雑は避けられる。

けど、、、前の列車がいた時にはどっちにしても混んでいる。

座りたければ一本見送るとかすればヨシという話もある。

ただの忘備録です。。。