旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

広州マラソン(2017/12/10)

広州マラソンのハーフを走ってきました。

動いていない時にはTシャツ一枚では若干肌寒いかなという程度の絶好のランニング日和でした。


スタートは天河体育中心です。昨日荷物受け取った所です。


スタートの合図があっても15分くらいまったく動かず。
ハーフは体育館の反対側に並んでいるフルが出た後に出発です。


スタートのゲートを越えたのはスタートしてから18数分後


写真の左側は10km、右側は6km位のところ
13kmを過ぎて大通りに出るまではずっとこんな感じで人がいっぱいです


猟徳大橋などの広州らしい場所では撮影会が繰り広げられます


ハーフでは猟徳大橋前後の広州塔が見える場所は最も人気の撮影スポット
当たり前のように声をかけて撮影し合ってます。


ゆっくり走って広州の美しい景色を楽しみましょう的な看板を持った人


おばちゃんの応援多いです。
ここぞとばかりに自分たちが踊りたいだけだろという団体も多々ありますが(笑)


チアガールもいました、、、一応。


Eグループの先頭に並び、流れに合わせつつ、途中でボチボチ写真を撮って走って2時間53分くらい。


ハーフのゴールは広交会展館です

*気候も良いし、途中の看板通り、のんびりと景色を眺めながら楽しむ大会かなと思います。
スタート後は全然動かないし、前にフルの遅い人たちがいっぱいなので、記録を目指す人には向いていないです。

広州マラソン受付(2017/12/9)

明日の広州マラソンの荷物を受け取りに行ってきました。
場所は天河体育中心で、最寄駅は体育西路です。

受け取りに必要なのは以下の3つです。
・パスポート
・過去のハーフマラソン以上の記録証
・サインをした登録表(当選確認後にネットから自分でダウンロードする)


階段を上って指定されている場所(私の場合はハーフなので黄色のところ)へ行き、自分の番号が当てはまるカウンターに行き、必要なモノを出してナンバーカード等を受け取ります。
ナンバーカード等を受け取った後は、右側の階段を下りてTシャツ等の記念品を受けとります。
外国人だとわかると英語で話してくれるので中国語が出来なくても問題はありません。
・・・広州界隈をふらふらしている時点で問題ない気もしますが(笑)

3年前にマラソンに参加した時とは受取りやスタート場所などが随分変わっていますが、参加にハーフ以上の完走証が必要なのは変わっていません。

広州マラソンに出たい人は事前に他のハーフ以上のマラソンに参加しておきましょう。。。


現地にも案内あります


スポンサーのブースが並んでいます


広州マラソンはトヨタ(広汽豊田)が冠スポンサーです
コレはカムリのハズ(笑)


参加賞のTシャツに文字やらイラストを入れる所が混んでいました


康師傅もスポンサー


明日開催の広馬音楽節のチケットも貰えました
GNZ48も登場するらしいです、、、興味無い人には全然興味ないでしょうけど(笑)


体育館の横に位置する明日のスタートゲート
明日の朝は後方にある競技場を囲むように向かって左にフル、右にハーフと分かれて集合です。

電車に乗り遅れた(2017/12/8)


出発が13:55のつもりで来たけど、14:45。

チェックイン時に「20分くらい遅れている」ということで、あれ?とは思ったものの、到着予定が17:55だったのでそれほど気にしていなかったんですけど、、、。


焼売、、、ここで14:45だったので出発は予定通り遅れてます。

香港に到着したのはシレッと19時過ぎ。
急いでA43(A43Pでしたが)バスに乗って上水、東鉄線で羅湖へ向かったものの、羅湖の中国側イミグレで並んでいる時に20:10を迎えました。

この時、羅湖のイミグレは外国人用ゲートは1つだけ開いており、目の前のアラブ系5人の姿を見た時に嫌な感じはしたんですが、こういう時の予想はしっかり当たるものでアラブ系で40分動かず。
さすがに大行列が出来て、もう一つ開けた瞬間にそっちに移ってなんとか中国入りしました。

深センで切符を買い直したついでに、予約番号を見せながら「予約(料金支払い済み)って取り消せるの?」と尋ねると、「えぇ〜、なんで今出すのよ? 先に出してよ。これ発券して次のに乗れば良いのよ。これ(今買った切符)払い戻すね。1時間も遅れて何してたのよ!」と窓口の美人のオネエ様に軽く叱られました。


21:14発の電車に乗りました。

元々、「指定席」も「座席なし」も同一値段で、座席なしも席が空いていれば勝手に座ってOKという感じなので、空いていれば座っていて指定席の人が来たら退くということでヨシ、、、。

22:30に広州東に到着。


広州東駅のすぐ前にある中泰国際広場


ちょうど終わったところでした。
アンコールには到着するハズだったのに。
最悪、最後のタッチだけでもと頑張って来ましたが、、、残念。

あ、中国の電車(深セン-広州だけかもしれないけど)は発車時刻を過ぎていても発券して、後の電車に乗ればOKということがわかりました、、、というお話でした。

切符には当日のこの電車に限るって書いてありますけどね、、、。

CZ379は広州でラウンジが使えない(2017/11/26)

広州発-上海経由-名古屋行きの中国南方航空379便で帰りました。



広州空港の国際線出発口へ行くと多くの女性がお出迎え、、、
王嘉乐って人を待ち構えているようです。

荷物検査等々で並んでいるうちに、ザワザワと騒がしくなり、保安検査のオネエさんまでソワソワし始めたと思ったら、ビジネスクラス以上の優先レーンからその王嘉尔が登場。

いわゆる「イケメン」が3人いるので私にはどれが本人かわからず、近くのオネエさんに「どれ?」って教えて貰いました。



この王嘉尔御一行様、イミグレ行列で私のすぐ前でした。

、、、で、イミグレのカウンターでパスポートを出すと、「A10乗り場は向こう。ここでは出国しないよ。」って言われました。<王嘉尔御一行様に気を取られて一緒について行った(笑)



A10(~A12)乗り場は国際線でもなく普通の国内線でもないようで店屋がありません。



飲み物とお菓子の自販機とタバコ屋(免税とかじゃない街角のタバコ屋的なヤツ)はありました。

当然、PriorityPassが使えるラウンジなんかありません。

こりゃマイッタなと、保安検査場へ戻って「外出れる?」と聞くと、「勝手に出て良いよ」と自由に出られました、、、が、戻って来た時には保安検査場で前に入った際の確認印を指差して「何で外に出たんだ?荷物預けに行ったのか?」と結構疑っているぞ感を醸し出したキツい言い方で質問されました。<「買い物ですわ。A10って何にも無いじゃん。」と答えたら、「あぁ・・・」で終わりでしたが。

また、広州空港でPriorityPassが使えるラウンジは制限区域内にしか無いようで、結局CZ379を使うとPriorityPassは使うことができないようです。



A10乗り場に戻って来たら菓子と飲み物を配っていました



菓子もう1つ持って行きなよと大サービスでしたが、スプライトは常温です(笑)



上海到着後、飛行機から降りると名古屋行きの人は「ここで待って」と集められ、オネエさんの後に着いてイミグレの所まで行き「ここに並んで。あとは自分で手続きしてね、バイバイ」と言われます。
イミグレの所から先は普通に上海から乗ったのと変わりません。

イミグレと保安検査を抜けて、ざっくり1時間余裕があり、PriorityPassで一杯やれました。


浦東空港で上海蟹を高い値段で売っていましたが、これ日本に持ち込めないんですよね。。。

駅の混雑(2017/11/5)

広州に行ってきました。



17時を少し過ぎた頃の中泰国際広場(目の前が広州東駅)

電車の時間は18時5分。

軽く晩飯を食べてから帰ろうと思いながら駅の方へ歩いていくと、駅の入口に行列ができていました。



何かあるかもしれないので早めに駅に入ろうとするも、3ヶ所の安全検査に群がっているのでなかなか進まず、、、。



安全検査を抜けても人がいっぱい



何かのトラブルかと思っていましたが、この時間帯は10分程度間隔で深セン行きが出ており、単純に人が多いだけだったようです。

駅に入る行列に並んで待合室に入るまで約35分



改札が開くのを待つ人々
、、、中国の高鉄等は電車毎に改札があり、発車数分前に改札が開きます



電車まで行列で進みます

結局、電車も満席でした。

夕方は人が多いので早めに動かないとヤバイようです。。。たぶん。

Loading... 次ページへ »