旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

昆明(2016/10/28)帰国

朝から日本に向けて移動開始です。



昆明駅から徒歩で数分の所にある「雲南錦華国際酒店(Yunnan Kingworld International Hotel)」に泊まっていました。

バス乗り場はホテルの横です。<錦江大酒店の前とも言う



空港行きはここが始発のバス乗り場です。
この看板のある後ろの小屋でチケットを買います。20元です。

30分ソコソコで昆明空港に到着しましたが、発車するまでに30分位待っていました。



浦東空港経由は専用のカウンターがあります。

ここで昆明-浦東、浦東-名古屋のチケットを発見してもらえました。=上海でチェックインは必要ありません。

浦東空港では国内線の出口を出て、そのまま国際線乗り場へ行けばOKでした。

ここまでは順調だったのですが、搭乗が1時間程度遅れ、搭乗後に機内で1時間も出発待ちして出発前に機内食を食べました。。。

昆明(2016/10/27)石林ツアー

石林ツアーに紛れ込んで来ました。



ホテル内のお茶屋兼ツアーデスクで申し込み。

「外国人は280元」と、、、多少ボったかも?

石林の入場料(170元)、ガイド、昼飯も込み。「買い物はあるけど特にヒドくは無い、昨日も3人参加した。大丈夫。」とのことでした。



朝8時にホテルまでおねーさんがお迎え来て、ツアーの集合場所まで連れてってくれました。

ここでパスポートを見せ、名前や携帯番号等々を登録します。<連絡用名簿を作ってまいました・・・。



今日のスケジュールが書いてあります。

出発後は、ツアーは団体行動だから勝手なことするな等の注意事項を細々とするのと、次に行く所のお買い物情報、100元につき3元のキックバックあるからよろしくという話等々、とにかくずーっとガイドが話していました。

寝てると「起きろ!」と起こされます。。。



石頭城(1つ目の買い物ゾーン)に到着



名前の通り「石」関係を売ってます・・・翡翠やら何やら。



昼ご飯を食べた所の前の道

ご飯は10人位が1つのテーブルで、大皿を分け合います。

15元のご飯なので、大したものはありませんが、味は悪く無いです、、、私の感覚では。



石林に到着。

駐車場から入口(やたら遠い)まで行く「電動車」のチケットを買います。



25元。これはツアーに入っていないので自分で購入です。<乗らないという選択肢は与えられません。



石林は世界自然遺産です



石林の中は、ここ専用ガイドさんと一緒に歩いて回ります。



チラシに出てたところ

このような撮影スポットで10-15分位の自由時間があります・・・時間になっても帰って来ない人に、ガイドが朝作っていた名簿を見て携帯に電話して「先に進むからあそこに行け」と指示して、全体の時間は遅らせず、最後には人が揃っているといううまいやり方をしてました。



石というか、岩です。



おおよそ2時間、岩を見ます。



帰りに雲南省おすすめの観光スポット「七彩雲南」に寄ります。

ガイドが水筒とプーアル茶の話を延々としていたと思ったら、、、



銀が使ってある水筒1980元≒3万円です。<ここは銀製品屋さん

そんなもん買う奴おるんか?と思っていたら、、、



スゴく熱心に聞いている人がいっぱい( ゚Д゚)

ここでガイドがツアー客のおばさんに「アンタ何も買ってねー。協力する姿勢が見えねぇ。」とか説教してました。



次はプーアル茶屋へ

さっきのガイドに説教されていたおばさん、ガイドに50元渡そうとして「要らん!」と言われていました。

他にもお土産屋あります。小綺麗で良いですが、昆明の街で買うよりは高いです。



この七彩雲南、何かしら観光できるようですが、そこまで時間は無く、ただの買い物スポットでした、、、が、銀製品屋に入ったあと勝手に外にでて見れば見えるかも。

そして、19時頃昆明駅に到着して解散です。

麗江(2016/10/26)電車で昆明に戻った

麗江21:50発の夜行列車で昆明に戻りました。

駅前でマッサージでもやって、あわよくばシャワーでも浴びて電車に乗れるかもと思って早めに麗江駅に行ったわけですが、、、



駅前にあったのはこれらの店のみ(>_<)



麗江駅



駅から見た駅前広場
見事に何にもありません。


どうにも時間がつぶせないので、路線バスで街へ戻ってマッサージ屋へ行きました…。



20時頃、再び麗江駅に来ました。



駅にはとりあえずコンビニやちょっとした食事ができるところもありました。



乗車時間です。
自分の乗る電車の乗車開始までは駅の待合場所で待ちます。



二階建て列車



列車の廊下



軟卧、柔らかベッドクラス・・・。

4人部屋です。

他の3人外人さんでした。

上側はメチャメチャ天井低かったです。



さっさと寝て起きたら昆明に着いていました。



駅から出たら、、、カオスの世界でした。



昆明駅です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。