旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

電車に乗り遅れた(2017/12/8)


出発が13:55のつもりで来たけど、14:45。

チェックイン時に「20分くらい遅れている」ということで、あれ?とは思ったものの、到着予定が17:55だったのでそれほど気にしていなかったんですけど、、、。


焼売、、、ここで14:45だったので出発は予定通り遅れてます。

香港に到着したのはシレッと19時過ぎ。
急いでA43(A43Pでしたが)バスに乗って上水、東鉄線で羅湖へ向かったものの、羅湖の中国側イミグレで並んでいる時に20:10を迎えました。

この時、羅湖のイミグレは外国人用ゲートは1つだけ開いており、目の前のアラブ系5人の姿を見た時に嫌な感じはしたんですが、こういう時の予想はしっかり当たるものでアラブ系で40分動かず。
さすがに大行列が出来て、もう一つ開けた瞬間にそっちに移ってなんとか中国入りしました。

深センで切符を買い直したついでに、予約番号を見せながら「予約(料金支払い済み)って取り消せるの?」と尋ねると、「えぇ〜、なんで今出すのよ? 先に出してよ。これ発券して次のに乗れば良いのよ。これ(今買った切符)払い戻すね。1時間も遅れて何してたのよ!」と窓口の美人のオネエ様に軽く叱られました。


21:14発の電車に乗りました。

元々、「指定席」も「座席なし」も同一値段で、座席なしも席が空いていれば勝手に座ってOKという感じなので、空いていれば座っていて指定席の人が来たら退くということでヨシ、、、。

22:30に広州東に到着。


広州東駅のすぐ前にある中泰国際広場


ちょうど終わったところでした。
アンコールには到着するハズだったのに。
最悪、最後のタッチだけでもと頑張って来ましたが、、、残念。

あ、中国の電車(深セン-広州だけかもしれないけど)は発車時刻を過ぎていても発券して、後の電車に乗ればOKということがわかりました、、、というお話でした。

切符には当日のこの電車に限るって書いてありますけどね、、、。

香港(2017/10/15)上水〜空港 謎の渋滞

広州東〜深圳/羅湖〜上水〜香港空港〜名古屋へ移動の一日でした。



広州東6:45発~深圳8:03着



香港のイミグレを抜けたのは8:20



上水到着8:35

ここまでは順調でしたが、この後、9時過ぎまでA43バスが現れず。

その後もところで渋滞が発生、、、。



10:50 空港到着

いつもは20分毎に1本で、乗車後50分ソコソコで到着なので、余裕を見て1時間半程度あれば良いかなと思っていましたが、今回は結構かかりました。

14:00のフライトなのでそれでも余裕ありましたが(笑)

広州(2017/10/13)香港空港からの移動

香港経由広州行きの時間記録

8:45 UO1879 名古屋発

11:50 香港到着 200番代のゲート

トイレへ行っただけ、預け荷物無し、e通の行列無し



12:35 A43 バス乗車 



13:20 上水到着
東鉄線で羅湖入りイミグレを抜けて13:50……香港側イミグレe通の行列無し、中国側は10人程度の待ち

中国入国後はそのまま深圳駅で切符を発券



14:15 羅湖村の四川料理屋で毛血旺



15:23 深セン発 C7090



16:40 広州東着

地下鉄3号線(北延線)同和 3号線の乗り場が遠い遠い。



怡莱広州同和地鉄站酒店着 17:10

ざっくりこんな感じ。

深センの電車待ちで1時間位減らせそうだけど、飛行機遅れたり、道路が混んだり、諸々を考えると深センで食事をする時間をとるのが無難かなと思う。

落馬州経由の福田から広州南行きの方が早いかも知れないけど、福田のイミグレが相変わらず中国人も一緒になって大混雑だと時間が読めない、、、どうなっているのかは謎。

台北(2016/04/29)台湾新幹線に乗った

V AIR で台北桃園空港に到着。
ターミナル1です。

空港から台北の街へは、バス+台湾高鉄で移動してみました。

image
バス乗り場は到着フロアの下です。
高鉄桃園駅行きのバスチケットを購入します。

image
2番の 「Ubus 統聯客運」で売っていました。

image
NT$30です。

image
外へ出て12番乗り場が高鉄桃園行きです。

image
普通の路線バスです。
荷物置き場は無いですが、スーツケースなどの大きな荷物は、車いすを乗せるスペースに置いていました。
車いす利用者がいると荷物を持ってると見送らないといけないかも、、、私は荷物無いので関係無いですが。

image
15~20分程度で高鉄桃園駅に到着です。
チケットは自販機で買えます。
後ろ側に有人窓口もあります。

image
NT$155でした。
NT$1000札を入れたら、おつりはすべてコインでした、、、財布パツパツです。

image
普通に自動改札を抜けて、普通に電車が来るのを待って、乗り込みます。

image
表示が漢字だらけなことを除けば日本の新幹線と変わらない。。。

image
快適でした。

夕方「京鼎楼」で 小籠包と牛肉面を食べ(NT$390)、会計時にレジのお兄さんに「コレ(50圓玉)で払って良い?」って聞いたら「良いよ。自販機でチケット買ったんでしょ。おつりコインだから。ハハハ。」と笑われました。

以下、京鼎楼
image

image
image

image

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。