旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

香港発の朝便は悩ましい(2017/12/11)

香港空港を9:05発のフライト。

香港の朝便を使う時にいつも悩むのが、前日に香港入りして泊まるか、深センに泊まって早朝に皇崗から乗り合いバンで空港へ向かうか。。。

結局、今回も安い宿があったので前日に香港入りして泊まりました。

旺角の先達廣場の建物にある「Sincere Guest House」
住所はRoom 715, 7/F Sincere House, 83 Argyle Street, KLN です。

一応トイレとシャワーが付いている個室がAgodaで Total 3,704円でした。


715の「Sincere Guest House」に行くと、ドアに「707のDRAGON HOSTELで受付してね」と書いてありました、、、。


右の何の変哲も無いドアの中に何室にも分かれた客室があります


ベッドでいっぱいの部屋
一人ならもう一つのベッドに荷物置けます、、、。


テレビもあるし、コンセントには変換プラグが付けてあるし、Wi-Fi使えますし。


ハンガーもあるし、ツーロックだし。。。

この旺角界隈の安宿は、電車で広州東−深セン、羅湖のイミグレ抜けて、MTR東鉄線で旺角東にスムーズに来れますし、朝もネイザンロードから空港行きのA21とかのバスに乗ればOKなので結構便利です。
深センならもっと良い部屋に泊まれますけど、早朝に皇崗のイミグレまでタクシーに乗ったり等々のことを考えると、ま、これでも良いのかなという感じです。。。
もっと金出せば良いだけの話ですが(笑)

深圳(2017/9/1)華強北のホテル

香港経由で深圳に来てます。


今日のホテルは漢庭快捷酒店(HANTING EXPRESS) 華強中心公園店です。

地下鉄1号線の華強路駅から1kmちょっと、地下鉄2号線の華強北駅からは1km弱で、歩くとまぁまぁ遠いかなという感じです。


向かいには深圳中心公園のグランドの門があります


ホテルの入口横にはちょっと変わった火鍋屋と串焼き屋、、、


私家菜、湖南料理、火鍋屋、パブがあります

さらにこの建物の後ろに広がる住宅団地の各棟一階にコンビニやローカル系飯屋等々があり、かなり便利です。


部屋は広くは無いですが小奇麗です


窓の外は中心公園、、、反対側だったら漢庭酒店のもう一つの棟とか団地ビューでしょうが。


テレビは小さめ


トイレとシャワーは別になっていますが、ドアが共用でトイレを閉めるかシャワールームを閉めるかどちらかになリます。。。


シャワーは手に持つタイプです


洗面台が部屋に入ってすぐにあるという、なんだか不思議な感じ


ベッドがあって、ちょっと仕切ってあって洗面台という位置関係


水も湯沸かし器も完備です

大床房2泊で384元でした。

漢庭快捷酒店 華強中心公園店
华西路田面新村设计之都3-4幢(皇岗路和振华西路交汇处)

上海(2017/8/15)外人が泊まれないホテル

妻と子を浦東空港まで送り、予約したホテル「海友上海機場凌空路客栈 」を目指しました。



空港から地下鉄で3駅目の凌空路駅を降りると白タク兄さんがたむろし、立派な道はあるけど辺りは特に何にもなし。。。



自転車で5分ほど走って現れた街並みの最初の建物にホテルがありました。



ホテルは5階、雑居ビルの入口には犬が寝ている。🐕🐕

「やっちまったなぁ。」と思いながらもチェックインの手続きをすると「外人は泊められないのよね」と、、、予約した華住のアプリを見ると内賓と書いてある。

そう、中国には外国人が泊まれないホテルがあるのです。。。すっかり見落としていました。

仕方がないので(笑)、agodaで隣の「川沙」でホテルを探してチェックインしました。

景悦国際精品酒店

こんな部屋で3,000円弱

このホテル、空港まで無料で送ってくれるし、値段もお得感たっぷりです。

川沙はディズニーランドへの拠点の街としてここ数年で綺麗なホテルが結構できたらしいので、ここ以外にも小奇麗なホテルが沢山あるようです。

北京(2017/8/12) フライトキャンセル

21:40のフライトで上海へ移動の予定でしたが、悪天候でキャンセルされました。


空港に到着した時に床に座っている人が沢山いるなぁとは思いましたが、、、


“取消”が並ぶ電光掲示板を見て「あーそういうことね」と思っていたら、自分の乗る便も”取消”になっているのを発見。(-_-)zzz


私は東方航空のチケット窓口に並びましたが、電話でも変更できるらしく、結構スムーズに翌朝9時のフライトに変更できました。

空港にいてもしょうがないので、agodaで空港近くで空いている最も安いホテル「錦程ホテル」を予約し、滴滴を使って移動しました。<車代は15元でした。
ホテルに到着すると、ドミトリーを含めて満室だと話していました。

そんなわけで、、、


エアコンから水が垂れるため(ホテルの兄さん談)、部屋の真ん中にベッドがあったり


エアコンのリモコンが壊れていて、フルパワー稼働かコンセント抜いて止めるかの二択だったり


コップはあるけど水も無かったりと微妙なところがいっぱいの部屋でした
それでも、空港の床やベンチで寝るよりは圧倒的に快適だったと思います。(苦笑)


ホテルの外観


ホテルの前は空港への道、、、店は無い


朝5:00~夜遅くまで毎時0分に空港まで無料で送ってくれます。

スタンダードツインで諸々込みの総額3,411円でした。

Jin Cheng Hotel
West Huayi Bridge, Beijing Capital Airport Highway Crossing,  101300

景程国际青年旅社
中国北京朝阳区首都机场道口华谊桥西

上海(2017/05/04)海友上海外灘北京東路酒店

今回は「海友上海外灘北京東路酒店」に泊まっています。
3泊で508元(会員価格:木曜158元、金曜175元、土曜175元)です。


地下鉄「南京東路」駅の4番を出て右を向き、真っ直ぐ200m行くとあります。
ロケーションは抜群です。

駅を出て南京東路の歩行街を横切って進むとすぐに下町風の景色に変わります。


ホテルの前 (山西南路)
もう少し進んで突き当たりの道がホテルの名前になっている北京東路
ビル正面にローカル系のコンビニがあり、北京東路側にはローソンもあります。


物質大廈(物質ビル)の4階が海友酒店
3階にも別のホテルが入っているいわゆる「雑居ビル」にあります。


結構高い建物です。

3つあるエレベーターのうち2つは11階以上用のエレベーターで、ビルには会社も入っているようで、朝は結構混んでいました。
ボタンを押してもなかなか来なかったり、人がいっぱいだっり、エレベーターの環境はちょっとマイナスポイントです。

フロントには愛想の良い若者がいて、雰囲気はとても良いです。
チェックイン時もサラッと英語で話し、西洋系の客も多く普通に会話していたので、中国語ができなくても大丈夫なような感じです。
メッセージボードのようなモノもあり、ゲストハウス感もあります。


冷蔵庫は無いですが、湯沸しポットや蚊取り器などはありました。
Wi-Fi環境は良好、キーと非連動の常時ONのコンセントがあるのも便利です。

窓がありますが、廊下に面した窓で外は見えません。
安いシングルの部屋には窓が無いようです。。。


部屋は狭いですが、ベッド脇のコンセントや、電気のスイッチなど、使い勝手の良い作りになっています。


トイレとシャワーが一体で、バスタブは無く、手で持つタイプのシャワーです。
お湯もしっかり出ます。

窓が無くエレベーターが面倒と、ベストではないですが、安めでロケーションは良く、部屋は小綺麗で十分使えるところだと思います。

住所:上海市黄浦区山西南路350号物質大廈4楼

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。