旅行者が中国でFacebook/Twitter/LINE/Instagramを使うならば 中国聯通香港の「中国・香港7日間Data SIM 」を使うのが王道です

上海(2017/9/16)Mobikeを試してみた

日本でMobikeがサービスを開始したため、日本でもMobikeのアカウントが登録できるようになっています。
日本アカウントはデポジットが3000円、チャージは最低500円で、表示は日本円です。
このアカウントは中国でも使えるらしいとは聞いていましたが、料金はどうなるのか試してみました。

結果は「何の問題も無く使え、料金は元を円換算して利用料が引かれます。」



最初はデポジットの残り500円



5角のMobike lightに乗ったら、8.35円でした。



1元のMobikeは16.7円です



残りは474.95円です。。。

中国の携帯番号が無くても香港データSIMでOKですし、WeChatPayやAlipayが使えなくてもOKなので、出張者とか旅行者でも使えます!!

あの苦労無しに使えるなんて、スゴく便利になったと思います。。。

でも、あの苦労をして作った中国のアカウントでは2元で1ヶ月、5元で3ヶ月等の定期チケットがありますが、日本アカウントにはそういうのは使えない模様です。。。長い間滞在するなら苦労して中国のアカウント作っても良いかもです。

北京(2016/02/25)自転車で観光

mobikeに乗って北京の観光をしてきました。


北京では30分0.5元のタイプの方がよく目につきます。

1元のものの方が見た目は格好良いですが、0.5元のものの方が乗りやすい気がします。

前カゴもありますし、ちょっとした買い物をした時にも便利です。

ラッキーなことに滞在期間がちょうどmobikeの無料キャンペーン中で、1元のもの0.5元のものどちらでも乗り放題です。。。



北京は自転車レーンが広く、道も平坦、渋滞に巻き込まれることも無いので自転車を使って移動するのはアリです。

ただ、電動バイクも自転車カテゴリーらしく、同じところを走っているので、真横を勢い良く抜いて行かれるとビックリします、、、。



天安門広場の前も自転車で行けます

暑からず寒からず、天気も空気も良い感じの絶好のサイクリング日和です♪♪



自転車を止めて写真を撮っていたら警備の人に「動いてねー」と優しく言われました



置いた時には沢山ありましたが、用事を済ませて出てきた時には見事に無くなっていました。

公共のモノも含めて、レンタル自転車はいくつか種類があるようです。
mobikeの他にはofoという黄色の自転車が目立ちます <上海でも見たことがありますが、北京はofoの比率が高いように思います

mobikeが無料キャンペーン中のためなのか、人気があるのか、台数が少ないのか定かでは無いですが、上海に比べると空いているmobikeがゲットし難いかも、、、mobikeは無いけどofoはあるということもしばしば。

そんなことで、ofoのサイトを確認してみると、デポジットが99元(mobikeは299元)なので、申し込んでみました。

アプリを落として、携帯番号を入れ、デポジットを微信か支付宝で支払い、外国人はパスポートの写真とパスポートを持った写真をアップするのはmobikeと一緒です。



外国人はすぐには使えず、しっかり待つのも同じです、、、。

上海(2016/11/14)mobike

​帰る前に自転車で観光して来ました。



「用車1元」と書かれた謎の自転車がそこら中に停まっています。



これ、mobikeというレンタル自転車です。

現地の電話番号と 微信支付か支付宝があれば、スマホにアプリを落として申し込み出来ます・・・デポジット299元必要です。



使用する時は、道端に停まっている自転車のQRコードをアプリで読ませると鍵が開きます。



目的地に着いたら、道端の駐輪スペースに停めて鍵をかけたらおしまいです。



基本は30分1元(15円程度)ですが、ママチャリタイプの30分0.5元のものもたまにあります。



アプリから近所にある自転車を探すこともできます。

ヤバイほど便利です。